ここ数年、寒いシーズンが来ると話題になるのが、快適すぎて“人をダメにする”グッズだ。きっかけは、2014年に無印商品の「体にフィットするソファ」がネット上で “人をダメにするソファ”と呼ばれ、話題になったこと。さらに同じ年には米国の体にフィットするビーズソファ「Yogibo」が日本に上陸し、“人をダメにするソファ・クッション市場”は乱戦模様になった。さらに2016年にはニトリの「レストクッション」が、入手困難なほど大ヒットしたのは記憶に新しい。こうしたグッズを「ダメ人間系」と名付けて力を入れているのが、千趣会が運営する通信販売ブランド「ベルメゾン」だ。

 「これまで寒い冬を暖かく・心地よく過ごすためのアイテムを提案してきたが、2~3年くらい前からSNS上で『ダメ人間にやさしいベルメゾン』と話題にされるようになり、『寒くなるとベルメゾンからダメ人間系商品が発売される』というユーザーの期待も感じるようになった」と千趣会 カタログ企画2部 編集企画チームの半田りえ氏は話す。2016年秋に「ラグが洗えるタブルコーナークッション」「ふわふわな連結できる巣ごもりクッション」などのダメ人間系アイテムを発売したところ、どの商品も想定を上回る売り上げだったという。

2016年発売の「ふわふわな連結できる巣ごもりクッション」(税込み6990~8980円、以下、価格は全て税込み) は、巣ごもり気分でリラックスできると好評。連結でも離しても使用できる。シャンパンゴールド、ダークブラウンの2色
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで同社ではダメ人間系アイテムをさらに強化し、2017年9月26日からオリジナル新商品17品を含めて「この冬、家から出ないと決めました。」シリーズの販売を開始した。同シリーズを含むダメ人間系アイテムは30品あり、そのうち14品は新製品。前年度の12品から2.5倍に増やしたという。

 半田氏によると、同シリーズの裏コンセプトは「自堕落」。といっても、マイナスの意味ではなく、「自らの意思で堕落する」という前向きな姿勢を込めたという。「日々、懸命に働いて疲れている人は、どこかでゆっくりしたいという気持ちが潜在的にある。自堕落に過ごすことに後ろめたさを感じることなく、自分を徹底的に甘やかし、いたわれるようなグッズを目指した」(半田氏)。いったいどんなダメ人間系アイテムが新たに生まれたのか。どれだけダメになれるのか。実際に試してみた。

開発を担当した千趣会 カタログ企画2部 編集企画チームの半田りえ氏。インドア派で、家でだらだらしているのが何より好きという半田氏のお気に入り自堕落スペースは「寝室のベッドの上」とのこと
[画像のクリックで拡大表示]