先日東京・大手町で、ピップによる「新型肩凝り」のセミナーが開催された。 新型肩凝りとは、PCやタブレット、スマホの普及により増加している、重症化しやすい慢性的な肩凝りのことだ。「就寝してもコリが改善されず、腕の痛みやしびれなど、肩凝り以外の症状を併発することもある」と、講演を行ったKIZUカイロプラクティックグループ代表、木津直昭院長は話す。

 新型肩凝りの主な原因とされるのはスマホの使い方。頭を下げて前傾姿勢になることが良くないのだそうだ。

 「スマホを使っているときの首の骨の状態を調べると、本来あるべきゆるやかなカーブがなくなってまっすぐになり(ストレートネック)、関節や筋肉への負担がかかる。また、正しい立ち姿勢のときは、頭を支えるために約6kgの荷重が首や肩にかかるが、スマホの使用時の前傾姿勢では、4倍以上の約27kgの荷重がかかると言われている」(木津院長)

頭を30度傾けるだけでも、約16kgの負荷が首や肩にかかる
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、通勤用かばんの重さも首や肩への負担に拍車をかけている。

 「PCやタブレットの普及が進み、どこでも仕事ができるよう、モバイル周辺機器を持ち歩く人が増えてきた。さらに、制汗剤などの身だしなみ用品やペットボトルなどをプラスすると、通勤かばんはさらに重くなり、男性で5kg程度、女性でも4kg程度になる。電車での移動中に下を向いてスマホを使い、さらに荷物が重いと、首や肩にかかる負担が30kgを超えることになる。これが“W荷重”だ」(木津院長)

 このW荷重の状態が続くと、首や肩の筋肉が前傾姿勢によって伸張したまま固まってしまうため、血行不良になる。そうすると、筋肉中の老廃物が流れにくくなり、乳酸が溜まって、コリや痛みを引き起こす。そしてコリや痛みが続くと交感神経が緊張し、血管が収縮してさらに血行が悪くなるという。

W荷重肩凝りのメカニズム。結果的に全身の血行不良にもつながる
[画像のクリックで拡大表示]

 「2つの荷重が原因で引き起こされるW荷重肩凝りは、コリの悪循環といえる。放置しておくとコリが重症化するだけでなく、全身の不調を引き起こす可能性があるため、日常生活で予防とケアをすることが大切だ」(木津院長)