特集「『シニア向け』即席食品の謎」の2回目。前回の「カップヌードルをなぜお椀で? 『罪悪感』に商機あり」に続き、今回は冷凍食品と粉末スープそれぞれの分野でシニアのニーズ開拓を狙う日本水産と味の素の取り組みを追う。

 日本水産はシニア世代をメインターゲットにしたブランドから「中性脂肪を下げる」機能をうたった冷凍食品を2品発売していたが、2017年9月には「記憶力を維持する」機能で3品の冷凍食品を発売している。

 「冷凍食品市場はこの2年ほどで、『弁当から食卓へ』と大きく方向転換をしている。人口構成の変化により少子化が進み、これまで冷凍食品市場の約半分を占めていた弁当のおかずに、これまでの伸びが期待できなくなったことが大きな要因」(日本水産 家庭用食品部 冷凍食品課の熊谷賢一氏)。

 流通関係者もそうした変化を感じているので、冷凍食品売り場も変化。弁当のおかずの売り場が縮小され、食卓ものが広がっている。各メーカーも、“食卓で食べる冷凍食品”に力を入れ始めているという。特に大きく伸びたのが冷凍パスタで、一時市場の成長をけん引したほどだ。冷凍の唐揚げも、弁当のおかず用のミニサイズのものより、食卓で盛り映えがする大型のものが現在よく売れている。このように品数が増えて充実してきた“食卓もの”の冷凍食品をよく利用しているのが、意外にもシニア世代だというのだ。

機能性表示食品の冷凍食品「海から、健康EPA life(エパライフ)」ブランドから、2017年9月に新発売された「からだ想いのお惣菜 2種のそぼろあんかけ 里芋&茄子」「からだ想いのお惣菜 回鍋肉」「からだ想いのお惣菜 青椒肉絲」(実勢価格は各198円※編集部調べ。以下同)。いずれもEPAとDHAを1パック当たり450mg配合
[画像のクリックで拡大表示]