家電メーカーのバルミューダ(東京都武蔵野市)は2017年9月7~12日、東京・代官山の商業施設「代官山 T-SITE」内にあるイベントスペースに、同社初となる期間限定店舗(ポップアップストア)を設置した。コンセプトは「バルミューダの考える温かみのあるレストラン」だ。入り口のドアの取っ手にはアンティーク風の加工を施し、壁には料理研究家の使い込まれた調理器具を配置。人の温かみを感じられる場所を目指したレストランでバルミューダのキッチン家電を使った料理を提供した。

 例えば、2015年の発売以降、人気を集めるオーブントースター「バルミューダ ザ・トースター」で作ったチーズトースターや、9月6日に発表したばかりのオーブンレンジ「バルミューダ ザ・レンジ」で作ったポップコーンなどを無料で味わえる。バルミューダは1日当たり1500人超の来場を見込んだ。

バルミューダは9月7~12日、期間限定店舗を代官山の商業施設「代官山 T-SITE」内に出店
[画像のクリックで拡大表示]
発売前の「バルミューダ ザ・レンジ」も実際に利用して、ポップコーンを作れる
[画像のクリックで拡大表示]

 今夏以降、メーカーによる出店が相次いでいる。イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は、東京・二子玉川の商業施設「二子玉ライズ」に9月14~16日の3日間限定で店舗を設置。発売前のペット向け商品を展示した。併せて、スウェーデン料理も販売した。

 また、「ゼスプリ」ブランドでキウイフルーツを販売するゼスプリ インターナショナル ジャパン(東京都港区)も同様に7月22~8月13日、東京・表参道に同じくカフェ「ゼスプリ キウイ ハント」をオープン。多い時には200人を超える長蛇の列ができるほどの人気店となった。

 なぜ今、出店するメーカーが増えているのか。出店企業に共通するキーワードは「体験」の提供だ。モノやサービスがあふれる一方、消費者が接する情報源の多様化により、企業は消費者と接点を作ることが困難になっている。消費者に知られない商品では、単にスーパーや家電量販店の棚を取り、陳列しているだけで選んでもらうことは難しい。そこで、自社の顧客層が日常的に訪れる場所に店舗を構えることで、商品やサービスの体験つなげる。商品の価値やサービスの利便性を実際に体験してもらうことで、新たな顧客の開拓を狙う。