ブラジルでは人気番組にも出演し、Facebookのフォロワーは約20万人。街を歩けば声を掛けられ、一緒に写真を撮らせて欲しいというリクエストを受けることも日常茶飯事。ブラジルで今、“最も有名な日本人”と言われているのが、シンガーソングライターの今村つばさだ。しかし、その生活の拠点はあくまでも地元・石川県。ブラジル不在中も、FacebookやYouTubeを通して現地に発信を続けるのも現代的である。彼女はいかにして、ブラジルでの活動を広げていったのか。異国を舞台にユニークな創作活動を続ける彼女の思いを聞いた。

[画像のクリックで拡大表示]

音楽活動はブラジル、生活拠点は石川に置く理由

――そもそも、ブラジルで音楽活動を始められたきっかけを教えてください。

つばさ: 2009年にアルバムをリリースした際、プロモーションの一環でサンパウロのフェスティバルに出演しました。その時に現地の方にとても気に入っていただき「来年も来て!」が毎年連なって今に至っています。その後、2013年にブラジルでCDを出しました。ブラジルの「七夕フェスティバル」や「ジャパンフェスティバル」には、ほぼ毎年出ていますね。

――Facebookのフォロワーは約20万人、YouTubeの登録者は11.5万人。コメントもポルトガル語が多いのですが、ぶしつけながらどの程度有名でいらっしゃるのでしょうか?

つばさ: 昨年も、日本でいうと「ミュージックステーション」くらいの番組に2~3回出させてもらいました。よく“ブラジルで一番有名な日本人”と呼んでいただくのですが、街で声をかけられることも多いです。一度、ブラジルの空港の出国審査の方に「一緒に写真を撮らせてくれ!」と言われて写真を撮ったのですが、日本に着いてからブラジルの出国のハンコがないことを指摘され…写真に夢中でハンコを押し忘れていたようです。ありえないですよね(笑)。

――それはすごい(笑)。そこまでの知名度を得るきっかけは何だったんですか?

つばさ: 今から5~6年前にポルトガル語の歌のカバーを始め、MVも出しました。その時、その曲のオリジナルを歌っている大物歌手の方が、私のカバーを気に入って紹介してくださったのが大きいかもしれません。テレビでも取り上げていただく機会があったので。

ブラジルのテレビ番組「the noite」出演の模様
[画像のクリックで拡大表示]

――完全にブラジルに拠点を移されたわけではなく、今も石川県に住んでいらっしゃるのもユニークです。

つばさ: 私、石川県が好きなので(笑)。基本的にブラジルへ行くのはツアーの時だけで、だいたい7~10月、長い時で半年くらい。それ以外は石川で曲作りをしたり、ブラジルに向けての音楽コンテンツや、日本のマナーや文化を紹介する番組を作って、YouTubeで発信しています。私のファンの方で一番多いのが20代半ばから30代の女性。ブラジルの若い人って、自分の住んでいる街しか知らない人も少なくありません。外の文化に触れる機会がないので、日本の文化を紹介すると、反響がとても大きいんですよ。皆さんが知らない日本を伝えられることがうれしいです。