「IoT(Internet of Things)」というフレーズが世間をにぎわせるようになって久しい。あらゆるモノがインターネットでつながるという技術だが、日々の生活で活用できるような製品・サービスはまだ多いとはいえない。

 今回、アドトロンテクノロジーが製造・販売する「foop」という“IoT水耕栽培器”を試用する機会を得た(税、送料込み5万2380円)。水耕栽培器は数多いが、「IoT」と冠しているのは、Wi-Fi機能を搭載し、栽培状況がスマホに通知される点が売りだからだ。実際に野菜を育てながら、その実力を確かめてみた。

 foopのサイズは幅49.8cm、奥行き32cm、高さ32.6cm。円筒形で、ガンダム世代の記者にとっては、スペースコロニーを思わせるデザインだ。両端には飛騨産ブナ材の合板が使われており、未来的なイメージだけでなく、リビングに置いても違和感のないデザインに仕上げられている。スイッチ類が一切ないのは、設定などをすべてスマホアプリ経由で行うためだ。

結構大きなサイズだったので、台所の空きスペースに置いてみた。中の箱には、種や培養液のボトルが入っていた
[画像のクリックで拡大表示]

 電源を入れると左右のファンが回り始め、前面のLEDディスプレイが点灯。やがて笑顔のようなマークが表示されると準備は完了だ。スマホアプリを起動し、メールアドレスでログイン(FacebookのIDも選択可能)。いったんBluetoothでfoopに接続し、Wi-Fiのアクセスポイントを設定。これで、foopがインターネットとつながり、晴れてIoT機器となる。

スマホアプリからWi-Fiの設定を行う。foopの操作はすべてこのスマホアプリから行う仕組み
[画像のクリックで拡大表示]