左からマツダ 小飼雅道社長、新型車「CX-8」の開発を指揮した松岡英樹 商品本部主査、CX-8デザインを担当した諌山慎一チーフデザイナー
[画像のクリックで拡大表示]

 マツダは2017年9月14日、新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」を発表し、同日より予約を開始した。正式な発売は12月14日となる。税込み価格は319万6800~419万400円で目標販売台数は月間1200台という。 <p>  CX-8はマツダの国内向けSUVの最上位モデルという位置付けで、3列シートを持ち最大7人まで乗れるのが特徴だ。同社には海外向けの大型クロスオーバーSUV「CX-9」(全長5065×全幅1969×全高1716mm)があるが、CX-8は扱いやすさに配慮して全長4900×全幅1840×全高1730mmと大型ながらもCX-9に比べると少し小さい。2列シートで5人乗車の「CX-5」と比べると、全幅は同じだが、全長は355mm、全高は40mm、それぞれ大きい。

新型SUV「CX-8」のボディーサイズは全長4900×全幅1840×全高1730mm
[画像のクリックで拡大表示]

 デザインは「TIMELESS EDGY(タイムレスエッジー)」をキーワードに「魂動-Soul of Motion」という同社のデザインテーマを進化させ、最上位SUVにふさわしい「走る歓び」と「上質な豊かさやこだわり」が感じられるものにしたという。

フロントはシャープなヘッドランプ、左右に広がるシグネチャーウイングなどによってワイド感を強調している。またサイドウインドー全周にクロームメッキモールを採用。BピラーとCピラーにはピアノブラックのガーニッシュ(装飾)を付けて高級感を演出
[画像のクリックで拡大表示]

 確かにボディーサイズはやや大きいものの、3列シート車であることを意識させないようデザインされている。具体的には、なだらかに傾斜させたガラス面がキャビンをコンパクトに見せている。ボディーパネルは水平基調の美しい面で構成されており、伸びやかな走りを連想させる。切れ長の薄いヘッドライトとテールランプは全車LEDを採用。ルーフレールは最上級グレードの「XD L パッケージ」のみ標準で装備される。

[画像のクリックで拡大表示]
ヘッドライトとテールランプは全車LEDを採用
[画像のクリックで拡大表示]
バータイプのフロントグリル
[画像のクリックで拡大表示]