機能性ウエアといえば、体に圧を加えて筋肉をサポートし、運動能力をアップさせるコンプレッションウエアをはじめ、冷感や吸汗速乾、温感機能を備えた温感インナーなどが知られている。これらはアスリートだけではなく、一般の人にも広く利用されているが、ほかに、ここ数年で注目を浴びている機能性ウエアがある。それが、運動後の休養時に着用することで自己回復力を上げるといわれる「リカバリーウエア」だ。

 2009年に、血流を促進する効果があるナノ化プラチナを練りこんだ特殊繊維(PHT繊維)を開発し、疲労回復のためのウエアとして発売した「ベネクス」を皮切りに、2010年にはアンダーアーマー、2013年にはプーマ、2014年にはナイキがそれぞれ圧着タイプの商品を発表。

 さらに2016年に入って、ゴールドウィンがコンプレッションウエアブランドのC3fitから、圧着タイプではなく、光電子繊維で遠赤外線の輻射によって疲労回復を促すウエアを発表。それに追従するように、2017年にはアンダーアーマーがバイオセラミック粒子を裏地に使い、体の自熱を吸収して遠赤外線エネルギーを反射することで安眠に導くスリープウエアを発売した。さらにライザップもリカバリーに対応したウエアを発表するなど、今年に入って『リカバリーウエア元年』とも言えるほど市場が活発になっている。

ベネクス「フリーフィールクール」シリーズ。タンクトップUネックレディース(8000円)、ノースリーブVネックメンズ(8000円)。冷感機能を付加した夏用のリカバリーウェア
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの商品を展開する売り場の動向も活発だ。2011年ごろから伊勢丹新宿本店を皮切りに、新宿の小田急百貨店など大手百貨店のスポーツ用品売り場でリカバリーコーナーが設けられるようになり、2016年には東京・神田のスポーツ用品店「ヴィクトリアワードローブ」が運動後の休養をテーマにしたリカバリーコーナーを新設している。

東京・神田の「ヴィクトリアワードローブ」。4階がリカバリーコーナーになっている
[画像のクリックで拡大表示]