2017年9月23日、東京・有楽町に「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」(ROCK & ROLL HALL OF FAME JAPAN)がオープンする。

東京・有楽町にオープンした「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」
[画像のクリックで拡大表示]

 「ロックの殿堂」(ROCK & ROLL HALL OF FAME)は、ロックに大きな影響をもたらしたミュージシャンやプロデューサーなどに授与される米国の音楽賞で、1986年に始まり今年で32回目を迎える。これまで125のアーティストが殿堂入りしてきた。その彼らにまつわる楽器や衣装などさまざまな展示資料10万点以上を保存しているのがロックの殿堂ミュージアムだ。「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」はそのライセンスを受けてオープンするもの。ロックの殿堂が米国以外で常設オープンするのは初となる。

 開館時間は11時(土・日・祝日は10時)~19時(金・土曜日は20時)で、入場は閉館1時間前まで。料金は、前売り券が大人1800円、学生1300円。当日券は大人2200円、学生1600円。小学生以下は保護者同伴で入場無料となっている(全て税込み)。場所は2018年3月11日までは有楽町で、それ以降は別の場所で営業する予定という。