(C) テレビ朝日 撮影協力:湯の泉 草加健康センター
[画像のクリックで拡大表示]

 シニア市場で特徴的なヒットが次々に生まれている。

 シニアの心をがっちりとつかんだのが、2017年4月に放送を開始した「やすらぎの郷」(テレビ朝日系。平日12時30分~)。脚本家・倉本聰が企画したもので、舞台は老人ホーム。しかもテレビに貢献した俳優や脚本家だけが入居できる、という斬新な設定だ。キャストに石坂浩二、元妻の浅丘ルリ子、加賀まりこら往年のスターをそろえたことも話題となり、初回視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。他局の情報番組を抑え、ゴールデンタイムの連ドラに拮抗する数字で業界を震撼させた。

主演の石坂浩二と離婚した浅丘ルリ子、さらに石坂の元恋人・加賀まりこも共演。大胆過ぎるキャスティングも話題に (C) テレビ朝日
[画像のクリックで拡大表示]

 4月から2クールにわたって20分枠で放送されており、NHKの朝ドラのような見やすい長さとテンポもヒットの要因に。ドラマでは高齢者の友情や切ない恋、死への恐怖などがコミカルかつシリアスに描かれ、同世代の共感を呼ぶ。同時に「テレビをだめにしたのはテレビ局そのもの」といったテレビ批判や業界裏ネタも描き、SNSなどで話題が拡散した。

第1週の一場面。「局はいつまでもゴールデン神話から抜け出そうとしない」と今のテレビを痛烈に批判 (C) テレビ朝日
[画像のクリックで拡大表示]

 ドラマ評論家の成馬零一氏は、「高齢化で視聴者の年齢は上がっているのに、なぜか高齢者を狙ったドラマはなかった」と話す。「ドラマは若者向け」というマインドが抜けておらず、シニアはまさかの空白区だったのだ。

 電通総研シニアプロジェクトの斉藤徹氏は、「若い人は高齢者の悩みや思いを理解しかねる。年を重ねた倉本氏だから書けるシニア向けの脚本で、往年のスターがそれを演じることでさらなる共感を呼んでいる」と分析する。「見た目は高齢者だが、内容は『学園モノ』と同じ。恋愛や友情の話もあって面白い」(成馬氏)。「高齢者だって恋をする」というリアルなストーリーが、同世代の共感を呼んだ。ドラマの随所に盛り込まれている倉本らしい痛烈な「テレビ批判」や、“逃げ恥”の「恋ダンス」のような「やすらぎ体操」など、貪欲な仕掛けも奏功した。

突如、主題歌に代わるように放送されて視聴者を驚かせた「やすらぎ体操第一」。“老いダンス”などとネットで話題に (C) テレビ朝日
[画像のクリックで拡大表示]

40~50代の「健康センター」アイドル

 リアルな老いの姿をドラマで見つめつつも、昭和歌謡で青春時代を思い出し、「気分だけでも若返りたい!」というニーズから生まれたヒットもある。

メンバーの多くが特撮番組のヒーロー役を務めた異色の経歴を持つため、「スーパー銭湯アイドル」とも呼ばれる
[画像のクリックで拡大表示]

 40~50代の女性やシニアが夢中なのが、健康センターを中心に活動するアイドルグループ「純烈」だ。熱狂的なファンがテレビに取り上げられたことで注目され、一気にブレークした。