ヤマハ「FZ1フェーザー」
[画像のクリックで拡大表示]

ちょっとマイナーな絶版車がオススメ

 ホンダ「CB750Four」やカワサキ「Z1」「Z2(750RS、Z750Four)」、ヤマハ「RZ250」、スズキ「GSX1100S カタナ」など、有名絶版車は相変わらず人気が高い。「絶版車」というのはすでに生産が終了し、中古でないと手に入らないモデルのこと。絶版車という言い方は四輪でもあるようだが、二輪のほうが一般的のように思う。

 もともと「絶版」というのは出版業界の用語。本はまとめて印刷され、販売が好調なら改めて印刷される。これを「版を重ねる」といった言い方をする。四輪は毎日多くのモデルが製造ラインで作り続けられるが、バイクの場合は数百台や数千台をまとめて生産し、それが売れてしまうまでは生産されない場合が多い。そう考えると、バイクの生産は出版に近く、「絶版」というのもあながち外れていないといえる。

 さて、絶版二輪車である。先に挙げた以外にも、ホンダ「CBX1000」「CB1100R」「NS400R」「NSR250R」、ヤマハ「RZV500」、スズキ「RG500ガンマ」、カワサキ「GPZ900R ニンジャ」「Z1000R ローソンレプリカ」など、人気モデルはたくさんある。

 いずれも当時としては高いパフォーマンスを誇ったが、現在販売されているモデルより高性能ということはないし(例外あり)、乗りやすさでは遠く及ばないだろう。それでも人気が高いのは、絶版車独特の存在感にある。

 例えば「GSX1100S カタナ」は、ほかのどのバイクにも似ていないデザインが特徴で、異様なほどの存在感があった。「CB750Four」や「Z1」は時代を創ってきたという威厳に満ちている。実車を目にすると意外に小さかったりするのだが、成してきた役割が実際よりも大きく見せてくれる。バイクの新しい魅力を提案し、時代を創ってきたバイクたちは、今でも十分に魅力があるのだ。

 ただ、これらの人気絶版車は非常に品薄だ。根気よく探せば見つからないこともないが、見つかったとしても、程度のいいものは目が飛び出るほど高価なはず。メンテナンスや性能維持にも手がかかる。部品が手に入らないというのも当たり前だ。手元に置くだけで相当な費用と手間を覚悟したほうがいいだろう。

 そこでお薦めなのは、それほど古くない、ちょっとマイナーな絶版車だ。手の届きやすい価格で、いま乗っても楽しいバイクたち。車名に踊らされず、バイクに詳しい人には「分かってるね」と思われるような、そんなバイクをピックアップしていこう。

 ちなみに、ここで取り上げたのは私(筆者)が乗ったことのあるバイクのみとした。これ以外にもいいバイクはたくさんあるはずだ。あしからず。

ホンダ「CB750Four」。1969年に登場したホンダのフラッグシップモデル。ナナハンブームが起きるほどに人気となった。レースの技術を応用した並列4気筒エンジン、量産車初のディスクブレーキなど、新技術は枚挙にいとまがない
[画像のクリックで拡大表示]
カワサキ「Z1」。ホンダの後塵を拝したカワサキが世界一を目指して製作した900ccのビッグバイク。1972年発売。日本国内向けには排気量を750ccとした「750RS」、通称「Z2(ゼッツー)」が用意された
[画像のクリックで拡大表示]
ヤマハ「RZ250」。1980年に登場した2ストローク・スポーツバイク。水冷エンジン、大型のタンクやヘッドライト、立ち上がったメーターなど、当時の250ccクラスとは思えない本格的な作りだった
[画像のクリックで拡大表示]
スズキ GSX1100Sカタナ。1981年に欧州で発売されて大ヒット。国内向けは1994年から。写真は2000年のファイナルエディション。750ccの「GSX750S」もあったが、アップハンドルが不評だった
[画像のクリックで拡大表示]