スイスで和食器専門店を展開するソフィア・ディフュージョン・ジャパン・スタイル社のブースには手ごろな価格の和食器が並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 欧州では家庭やレストラン、ティーサロンで、ずいぶん前から和食器が使われていた。洋食には洋食器、和食には和食器と料理で使い分けているわけではなく、テーブルの上は和洋折衷だ。そんな欧州人による和洋折衷は日本人にとって驚くことがたくさんあり、ときには斬新でまねをしたくなるほど美しいこともある。

 2017年9月8~12日まで、欧州最大級のデザイン・インテリアの見本市「メゾン・エ・オブジェ」がパリ郊外ヴィルパント見本市会場で開催された。これは“インテリアのパリコレ”とも言われ、世界各国から最新のデザインが集結するイベントだ。ここに、私たちになじみ深い和食器を扱う欧州の会社が数社出展した。

 ベルギー・アントウェルペン郊外のJapan design (ジャパン・デザイン)、スイス・ ジュネーブのSofia diffusion japan lifestyle (ソフィア・ディフュージョン・ジャパン・スタイル)、オランダ・アムステルダムのTokyo design studio (トウキョウ・デザイン・スタジオ)の3社がそれで、これらの会社は創立30年以上になるという。ちなみに、和食器をメインに扱う日本の企業はこの見本市では見当たらず、この3社にも日本人の姿はなかった。

スイス・ジュネーブのソフィア・ディフュージョン・ジャパン・スタイル社
[画像のクリックで拡大表示]
オランダ・アムステルダムのトウキョウ・デザイン・スタジオ
[画像のクリックで拡大表示]
日本の急須と湯飲みをメインに扱う、創立35年を迎えるベルギーのジャパン・デザイン社
[画像のクリックで拡大表示]

 彼らが扱っている和食器の多くは、日本人にとって特に目新しいものではない。駅前商店街の食器店や100円ショップに並んでいるかもしれないと思わせるものもある。それでも3社のブースには欧州各国のユーザーが多数集まり、次々とオーダーしていく。

 現在欧州は日本食ブームなのかと言うと、そういうこともない。焼き鳥やすしなどから始まった静かな日本食ブームが20年ほど前からあるが、今回の見本市で和食器の需要に比例するほど、欧州人が日本食を普段から食べているかと聞かれれば、答えは「ノー」である。

 では、なぜこんなにも日本の食器の需要があるのか。彼らには私たち日本人が持つ「この和食器はこう使うもの」という固定観念がなく、「そんな使い方をしては行儀が悪い」というしつけもされていないので、私たち日本人とは驚くほど違った方法で、本来の用途に関係なく、洋食器を使うように和食器を使っているからなのだ。