2014年に閉館した松坂屋上野店南館の跡地で建て替えが進められていた「上野フロンティアタワー」(地下2階・地上22階)が2017年11月4日にオープンする。同プロジェクトを共同で進めてきたJ.フロント リテイリング、大丸松坂屋百貨店、パルコは2017年9月14日に記者会見を開き、詳細を発表した。

 同タワーは、地下1階から10階までが商業ゾーン、12階から22階は賃貸オフィスの複合商業施設。地下1階には松坂屋上野店本館地下1階とつながる「松坂屋上野店」、1~6階は「パルコ」の新業態「PARCO_ya(パルコヤ)」がオープンする。

 パルコの23区内の出店は1973年の渋谷PARCO以来、44年ぶりであり、東(ひがし)東京エリアに出店するのは今回が初。さらに百貨店とパルコが本格的に組み合わさるのも初の試みだという。また上野最後の映画館「上野東急」が2012年に閉館してから、上野エリアは映画館の空白地帯が続いていたが、7階から10階は全8スクリーン・1400席のシネコンプレックス「TOHOシネマズ 上野」がオープンする。

 それに伴い、松坂屋上野店もリニューアルオープン。地下1階(上野フロンティアタワーのPARCO_ya側)にコミュニティサイト「上野が、すき。」と連動した新しい売り場「上野が、すき。ステーション」をオープン。本館2階に「上野 HA・NA・RE」「上野が、すき。カフェ」を、本館7階に「上野が、すき。ギャラリー」をオープンする。いずれも近年増えている“体験型・コト消費”のニーズに対応する売り場として、またJ.フロント リテイリングが推進している「アーバンドミナント(地域とともに成長する)戦略」の受け皿として、顧客と売り場のつながりを強化することでロイヤリティの向上につなげる狙いだ。

「上野フロンティアタワー」(台東区上野3-24-6)。東京メトロ銀座線「上野広小路駅」直結、日比谷線「仲御徒町駅」都営地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」より徒歩3分、JR線「御徒町駅」より徒歩2分。地下2階、地上23階、塔屋1階。高さ117mで敷地面積は約5800平米、延床面積は約4万1000平米。地下1階は大丸松坂屋百貨店、1階~6階はPARCO_ya、7階~10階はTOHOシネマズ、11階は機械室、12~22階はオフィス
[画像のクリックで拡大表示]
隣接する上野松坂屋とは連絡通路でつながっている
[画像のクリックで拡大表示]
上野フロンティアタワーは高さが約117mあり、周辺に高層ビルが少ないため、オフィスからは上野公園はもとより、スカイツリー、東京ドームまで見える
[画像のクリックで拡大表示]