[画像のクリックで拡大表示]

 「自律神経が整う」とうたう音楽、枕、塗り絵などが次々と発売。今や自律神経は健康業界のバズワードだ。体を興奮・緊張させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」で構成され、2つのバランスが崩れるとさまざまな不調・疲労が顕在化する。特に年齢が上がると副交感神経の動きが悪くなるといわれ、交感神経優位になりがちだ。

[画像のクリックで拡大表示]
順天堂大学医学部教授 小林弘幸氏

 ではどのように自律神経の動きを正常に保てばいいのか。自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏は、「自律神経は腸と二人三脚のパートナー」と語る。

 脳が体への指令を一方的に出すと思われがちだが、最近の研究では腸から脳へも影響を及ぼす「脳腸相関」の関係にあることがわかってきた。「ビジネスマンに急増している過敏性腸症候群は、以前はストレスが原因と考えられていた。しかし、最近は腸の不調が先に起こり、脳にストレスを与える可能性が示唆されている」(小林氏)。特に腸は副交感神経がつかさどるため、動きが悪くなれば途端に副交感神経の働きが鈍る。まずは、腸を健康に保つことが自律神経を整える大前提となる。

腸を整えればすべてが整う
[画像のクリックで拡大表示]