スノーボードブランドの本格テントはテーブル、チェアと同柄

バートン「ビッグアグネス×ラビットイヤー 6テント」

 バーモント州バーリントンに拠点を置く、全世界のスノーボーダーたちが愛用するスノーボードトップブランド「バートン(BURTON)」は、スノーボード関連アイテムだけでなく数多くのアウトドアギアも手がけている。

 多彩なアウトドアギアの中でも、バートンらしい柄が特徴の「ビッグアグネス×ラビットイヤー 6テント」は、ファミリーキャンパーにお薦めしたい大きめのドーム型テントだ。こちらは前述の老舗テントブランド、ビッグアグネスとのコラボアイテムで、1500mmの防水コーティングを施したレインフライ(レインカバー)とフロアや、すべての縫い目がシームテープ加工(縫い目からの水の浸入を防ぐテープによる加工)されているなど悪天候に強く、日が落ちたあとはガイライン(張り網)とウェビングがリフレクター(反射)になっていて、夜間の視野性が高いなど、機能性もウリの一つだ。もちろん床面積は249×279.4cm、天井高は198cmで広さ、高さも十分だ。

バートン「ビッグアグネス×ラビットイヤー 6テント」(6万円)。写真の色はTropical Print
[画像のクリックで拡大表示]

 このテントと一緒に使いたいのが、「ビッグアグネス×ヘリノックス×バートン テーブルワン」と「ビッグアグネス×ヘリノックス×バートン チェアワン」だ。キャンプはテントだけあればいいわけではなく、テーブルやチェアは必需品。借りてもいいが、テントを用意するならやはりテーブルとチェアもそろえたい。この2つは軽量かつ頑丈な「DAC」のポールを使ったアウトドアファニチャーブランド「ヘリノックス」とのコラボ商品。セットアップが簡単で、超軽量かつコンパクトに収納できるのが特徴。

 ビッグアグネス×ヘリノックス×バートン テーブルワンは、カップホルダーが2つ付いた折りたたみ式のテーブルで、重さは0.6kg、収納時は40×10×10cmとコンパクトながら、使用時は60×40×40cmと使いやすいサイズになっている。使う場所を選ばず平坦に使用でき、安定性にも優れているので、子どもがいても使いやすい。

バートン「ビッグアグネス×ヘリノックス×バートン テーブルワン」(1万8000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビッグアグネス×ヘリノックス×バートン チェアワンは重さ0.9kgで収納時サイズが35.5×10×12.5cmとやはり軽量でコンパクトながら、耐荷重が145kgと2人座れる丈夫さだ。テーブル同様に使用する場所も選ばない安定性もウリだ。子どもを抱っこしたり、重い荷物を持ったままちょっと座っても壊れないタフさは家族連れや複数のキャンプでも活躍してくれるだろう。

 バートンのアウトドアギアはスノーボードブランドという背景もあって、アウトドアブランドとはひと味違う見た目で、キャンプ場で異彩を放てそうだ。写真のほかにも「Guatikat Print」と「Day Tripper Print」という柄があるので、ほかのキャンパーに差を付けたいという人に特に薦めたい。

バートン「ビッグアグネス×ヘリノックス×バートン チェアワン」(1万4800円)
[画像のクリックで拡大表示]

(文/安東 渉、中澤範龍)