10代の若者はいまどんな文房具を使いこなしているのでしょうか? 日経トレンディのムック『【2017年保存版】欲しくなるものだけ! 日用品・雑貨&文房具420』の記事から、最新事情をお伝えします。

 細い字を書き続けられるシャープペン「クルトガ」や、ペンを立てられるペンケース「ネオクリッツ」など、近年、ティーンズたちの学校の机の上で、次々と文房具のヒットが生まれている。彼らの使い方を観察すると、次に来る文房具が予想できるかもしれない。

 「今の10代を見て、我々の時代と最も違うと感じるのは、彼らがデジタルに慣れ親しんだ世代ならではの使い方をすること」と、アサツー ディ・ケイで若者のマーケティング集団「ワカスタ」を運営する藤本耕平氏は分析する。

 デジタルデータを一瞬でコピー&ペーストし、順序を入れ替えることに慣れた10代が多用するのが、付箋。覚えたいことをすべて付箋に書き、ノートに貼り付けて自由に入れ替える「付箋ノート」がインスタグラムで話題になった。付箋は、“入れ替え前提”の感覚に沿ったアイテムだといえる。

 「教科書やノートに、びっしりと小さな付箋を付けていることが多い。これも、情報を検索できるデジタル世代の特徴で、開きたいページを探すための許容時間はどんどん短くなっているといえる」(藤本氏)。

付箋ノート
デジタル世代が生み出した
“入れ替え自在”のノート術

 勉強する内容をすべて付箋に書き込み、それをノート上に自由にレイアウトする「付箋ノート」がインスタで話題になった。そこから、付箋やルーズリーフの新商品も誕生。
付箋ノートが作りやすいルーズリーフ アックスコーポレーション 実勢価格204円(税込み)
付箋を貼る位置がさりげなくケイ線にマークされたルーズリーフ。ぴったりサイズで使える専用の付箋はクラスタージャパンから発売
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「付箋ノート」を数多くアップしているインスタグラマーのカリすんさん(Karisuma0525)の作例
[画像のクリックで拡大表示]
女子高校生の教科書にびっしり付けられた付箋(写真はワカスタ提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、彼らを指導する教師もデジタル世代に移行している。「資料をパソコンで作り配布するスタイルの授業が増えていて、すぐにとじるための2穴パンチが活用されている」(藤本氏)。プリントを貼りやすくするスタンプ式ののりや、パンチの穴をかわいく補強するシールもティーンズ向けの商品だ。デジタル世代なのに、アナログな紙の管理を余儀なくされるというアンビバレントな状態が、新たな文房具のニーズを生み出しているというわけだ。

プリント整理
パソコン作成の配布資料が増加
プリント整理グッズがそろう

 デジタル世代の学校では、教師は板書だけでなくパソコンで作成した配布資料を駆使する。プリント整理を余儀なくされる中高生をサポートする商品が、次々に出てきた。
プリントがきれいにはれるのり 不易糊工業 実勢価格194円(税込み)
水性のりは塗布後にシワができやすく敬遠されるが、これは多糖類ののりでシワができにくい。貼った後に書き込みもしやすい
[画像のクリックで拡大表示]
ドーナツシールスタンプ コクヨ 実勢価格566円(税込み)
2穴パンチで開けた穴を補強するシール。穴に合わせておき、押すだけで貼れる。かわいい柄のものがそろい、気分が上がる。詰め替え可能
[画像のクリックで拡大表示]
Putitto カール事務器 実勢価格389円(税込み)
横幅が6㎝弱と消しゴムのように小さい2穴パンチ。穴は1つだが、紙を中央で折って差し込み、ボタンを押すと2つの穴が開く仕組み
[画像のクリックで拡大表示]
テープのり tenori イチオシ ニチバン 実勢価格262円(税込み)
6㎜幅のテープのりをスタンプのように押せる強粘着のり。四隅にポンと押すだけで素早くプリントをノートに貼れる。使い切りタイプ
[画像のクリックで拡大表示]