昨年公開され、国内動員数1900万人、興行収入250億円を突破したアニメ映画『君の名は。』。本作品を手がけた新海誠監督の商業デビュー作『ほしのこえ』(2002年公開)から15年の足跡をたどる展覧会『新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで』が話題だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 8月27日まで開催された静岡会場(大岡信ことば館)に続き、新海監督の故郷である長野会場(小海町高原美術館、10月29日まで)で開催。そして、11月11日からは東京・六本木の国立新美術館でスタートする(12月18日まで)。現役アニメーション映画監督の名を冠した展覧会が国立の美術館で開催されるのは初めてだという。

発表会に出席した新海誠監督(写真左)と、国立新美術館の青木保館長。新海監督は、「新海誠展と銘打つのは、光栄であると同時に少し居心地の悪い気もします。アニメーションはみんなで作るものなので、展示物の多くはスタッフとの共同制作の結果です」と、謙虚なコメント
[画像のクリックで拡大表示]

 国立新美術館では、静岡、長野会場の2倍程度に規模を拡大し、2000平米の展示空間を活用。劇場作品を時代順に紹介する形式で、短編アニメーション「ほしのこえ」(2002年)にはじまり、「雲のむこう、約束の場所」(2004年)、「秒速5センチメートル」(2007年)、「星を追う子ども」(2011年)、「言の葉の庭」(2013年)、「君の名は。」(2016年)までを網羅。それぞれ貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像、音楽をはじめ、作品の世界観を体験できる造形物を含めて約1000点を展示する。

新海監督が個人制作した「ほしのこえ」(2002年)。(c) Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films
[画像のクリックで拡大表示]
「ほしのこえ」。新海監督による原画。(c) Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films
[画像のクリックで拡大表示]
初の長編作品「雲のむこう、約束の場所」(2004年)。(c) Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films
[画像のクリックで拡大表示]
「秒速5センチメートル」(2007年)。(c) Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films
[画像のクリックで拡大表示]
「秒速5センチメートル」。作画監督の西村貴世氏による原画。(c) Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films
[画像のクリックで拡大表示]