先導してくれるクルマがいるとラク!

 一方、トラックやバスなど比較的低速で走る車両の後ろで、ACCを使い続けて走るのはとても快適だということがよく分かった。交差点が多くなく、信号もほとんどないという条件が必要にはなるけれど。前回の記事で述べたように、高速道路の渋滞で完全には停まらない状態がずっと続くのと同じく、一般道でも一定の距離で前のクルマについて行くというのは楽だ。

 特に峠の下り坂などが便利だ。下り坂ではスピードが出がちになるが、ACCを使えば一定の速度以下に保てる。しかし、ACCはカーブも同じスピードで走ろうとするので、カーブが強くなると同じスピードを保つのはつらくなる。ところがこのとき、前にトラックやバスなど大型車がいれば、ぐっとラクになる。

 多くの大型車に比べれば、アウトバックのコーナリングスピードは高い。つまり、ACCの追従機能によって前を走る大型車と同じ速度にコントロールされた状態なら、こちらは余裕を持ってコーナリングできる。上りであれ下りであれ、前を走るクルマが早ければ、ACCで一定速度以上にはならないこちらは単に置いて行かれるだけだが。

アウトバックで河川の土手の上の道を走っていたところ、突然警報が鳴り、自動ブレーキが作動した。土手の道に垂れ下がるほど伸びた草を、障害物として認識し、ブレーキを掛けたようだ
[画像のクリックで拡大表示]

 直線が多く、見通しも利くような場所なら、一般道でもアイサイトのACCはかなり便利に使えるというのが筆者の結論だ。一方で、アクティブレーンキープ機能については、車線中央維持機能はあまり使えないが、車線逸脱抑制機能はオンにしておくと安心できた。くどくて恐縮だが、スバルはアイサイトを自動車専用道路での使用が前提としている。筆者は、それをあえて一般道で使ってみたのだ。アイサイトのACCと車線逸脱抑制機能は、その特性やリスクを理解しながら活用すれば、一般道でもゆったりしたドライブになり、疲れを軽減するなど、結果的に安全面でも効果があるように感じた。