ABSがあれば濡れた路面でも安心(写真提供:ボッシュ)
[画像のクリックで拡大表示]

 バイクのABS(Antilock Brake System:アンチロックブレーキシステム)義務化のニュースが流れたのは2015年初頭のこと。しかし、それを耳にしても半信半疑でいたライダーは多かったと思う。私(筆者)もそうだが、バイクではABSをあまり重視していなかったためだ。しかし、その装着が義務化されるのは2018年10月1日ともうすぐ。ABSによってバイクがどう変わるのか? なぜバイクへのABS搭載が遅れたのか? などをまとめてみることにした。

250cc以上はABS、原付二種はABSかCBS

 今回のABS義務化は原付二種(51~125cc)や軽二輪(126~250cc)、小型二輪(251cc以上)が対象になる。原付一種(50cc以下)や一部の競技車両は対象外だ。ただし原付二種については、ABSではなくCBS(Combined Brake System:コンバインドブレーキシステム)でもいいとされている。CBSは前後輪を同時に制動するブレーキシステムだが、設計によってはコストが抑えられるのが特徴。これついては後で述べよう。

 規制が始まるのは新型車が2018年10月1日、継続生産車は3年後の2021年10月1日となっている。つまり、来年の10月以降に新しく販売される(新設計の)モデルは、来年の10月からABSを搭載していなければならないのだ。もちろん中古車には関係ないが……。

 ちなみにABS、CBSともに運転を支援するための装置であり、ブレーキそのものの性能を向上させるものではない。機能に限界があるため、システムを過信することなく、ライダー自身による安全運転を心がける必要がある。

世界各国での二輪ABS義務化の状況。欧州はもちろん、アジアでもABS義務化が進んでいる(資料提供:ボッシュ)
[画像のクリックで拡大表示]