RIZAP(ライザップ)がパーソナルトレーニングジム以外にも事業を拡大。ゴルフ、英語、料理と次々と新業態を展開している(関連記事:「あのライザップが英語学習に進出、次なるコミットは?」)。そんななか、2017年8月17日には料理スクール初の大型店舗となる「RIZAP COOK 池袋店」がオープン。9月以降も急ピッチで拡大予定だという。

 「もともとライザップでは低糖質な食事を推奨しているが、『料理が作れないために実行が難しい』という人が少なくなかった。そこで料理教室をマーケティングしたところ、ほとんどがグループレッスンのため、長く通っても上達しているかどうか分からないという人や、料理が苦手というコンプレックスをなかなか払拭できない人が多いことが分かった。そんな人たちのためにライザップのノウハウを生かし、初心者でも短期間で料理の腕前にコミットできる、完全オリジナルの料理教室をつくりたいと考えた」(RIZAP COOK を運営するRIZAPイノベーションズ)。

 ライザップといえば専属コーチによるマンツーマン指導や、弱点を克服するために課題を徹底的に反復練習する「シュクダイ」制度などが知られている。同スクールでは品数や使用する調味料の数などで料理の腕前を明確に数値化し、オーダーメードのプログラムを作成。フレンチシェフや日本料理の料理長などの経験を持つ一流のトレーナーが80分間マンツーマンでトレーニングを行うという。料金は入会金5万円に加え、週1回のレッスン×10回(2カ月間)のコース29万8000円が最低料金。30回レッスンコースなら77万4800円になる。 1回のレッスンで(入会金を除いても)3万円近い料金を払うレッスンとは、いったいどんなものなのか。本当に3万円の価値があるのだろうか。主婦歴25年、ほぼ毎日料理をしている筆者が、実際に体験レッスンを受けてみた。

「RIZAP COOK 池袋店」(豊島区南池袋1-22-2)。営業時間は10~22時
[画像のクリックで拡大表示]
大きな部屋に集まって先生の手元を見る通常の料理教室と違い、キッチン設備がついた小さなブースが8室ある
[画像のクリックで拡大表示]
料理初心者でもこのレベルまで行ける、という例
[画像のクリックで拡大表示]

「食材の数」「調理工程の数」などで料理レベルを数値化

 RIZAP COOK 池袋店があるのは、池袋駅の東口の目の前にあるビルの6階。中は広いが、調理台と厨房がセットになった小さなブースに分かれていて、大勢の生徒が一室に集まる普通の料理教室と、明らかに違う造りだ。

 取材前、「ライザップ流といっても、そもそも体重やゴルフ、TOEICのスコアなどと違って、料理の腕前は数値化できないのでは」という素朴な疑問を抱いていた。だが1回目のレッスンでは25種類の食材と25種類の調味料を使って自由に料理を作る「料理診断テスト」を行い、料理の実力を数値化するという。

 「作ることができた品目数」を5点満点で採点し、レベルや弱点を数値化し目標を設定するというシステム。コース終了時に同じテストを行うことで、達成度も可視化・数値化できるそうだ。たしかに「レッスン前」「レッスン後」の料理写真のパネルを見ると、明らかにレベルが違う。

レッスンを受ける前に見た、料理診断テストの結果サンプル。「料理経験なし」だと複雑な調理工程や火加減、味付けの調整ができないという
[画像のクリックで拡大表示]
こちらは「ベテラン主婦」。自分もこのレベルだと思っていたが
[画像のクリックで拡大表示]