×マッチやライターで火おこし/○バーナーで強い風でもしっかり着火

SOTO「スライドガストーチST-480」

 バーベキューやたき火などキャンプでの火おこしは初心者の最初の難関と言ってもいいだろう。新聞紙や市販の着火剤などがあれば楽に火を起こせるが、ひとつ間違えばやけどや燃え移りなど危険が伴う作業でもある。またマッチやライターだと風が強い日にはすぐに消えてしまい、何度もやり直して時間がかかってしまうこともある。

 そんなときはバーナーで一気に火を着けるのがお勧めだ。バーナーなら炭やまきにしっかりと火がつくまでまであぶるように着火できるし、風などで消える心配も少ない。また、食材に直接火を当てることもできるので、料理の際にも重宝する。

 ただしバーナーは火力が強く、取り扱いが心配なこともあるだろう。そんな初心者には新富士バーナー(愛知県豊川市)のアウトドアブランド「SOTO」の「スライドガストーチST-480」がお薦めだ。火口が自在に伸びる小型の協力耐風バーナーで、35×18×110mmとライターほどの大きさながら、極細集中炎によって炎温度1300℃の強い火炎が出るという。これなら風が強い日でもしっかりと着火できる。なおかつ火口は最大で7.5cmも伸びるため、手が火に近づき過ぎてやけどをする心配も少なく、バーナー同様に強力な炎を料理に直接当てることも可能。長さを調節しながら使えば、ロウソクや花火にも安全に着火できるなど、用途はさまざまだ。

 ガス(燃料)は充填式で、カセットガスやライター用ガスで充填(OD缶の場合は別売りのフィルターを使用すれば充填可能)できるので、一度のキャンプで捨ててしまうのではなく、何度でも繰り返し使うこともできる。フル充填での燃焼時間は約15分だが、側面に確認窓が付いているので残量を確認しながら使用できるのも便利だ。

SOTO「スライドガストーチST-480」(税別2200円)
[画像のクリックで拡大表示]
ガスを充填することで繰り返し使用できるのも特徴
[画像のクリックで拡大表示]
平健一氏のポイント
ライターやマッチでは届きにくい場所でも着火可能
燃焼系アウトドアアイテムが有名なSOTO。ただのライターやマッチではなく、SOTOのスライドガストーチST-480ならいろいろ役に立ちます。
まきやランタンに火を着ける際、ライターやマッチでは届きにくい場所などでも、火口を伸ばして安全に火を着けることができ、使用しないときにはコンパクトに収納。ガスも充填できて経済的なので、ポケットに1つ入れておくと便利です!