マイナーチェンジしたトヨタの3代目「ハリアー」。税込み価格は294万9480円~495 万3960円。写真はターボモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタがSUV「ハリアー」をマイナーチェンジし2017年6月8日に発売した。今回のマイナーチェンジでは内外装の変更は少なく、2.0Lターボモデルの追加と、先進安全機能の上級版「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備するなど機能面の充実がメイン。税込み価格は294万9480円~495万3960円で、月間販売目標は2500台。

 主な改良ポイントと、新設定のターボ車を中心とした試乗レポートをお届けする。

Toyota Safety Sense Pと予防安全が進化

今回のマイナーチェンジの目玉の一つは「Toyota Safety Sense P」の搭載。「プリクラッシュセーフティシステム」「レーンディパーチャーアラート」「アダプティブハイビームシステム」「レーダークルーズコントロール」などの機能がある
[画像のクリックで拡大表示]

 目玉の一つはToyota Safety Sense Pだ。ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた歩行者検知機能付き自動ブレーキの「プリクラッシュセーフティシステム」、車線逸脱警告と車線逸脱を回避するようにステアリングをアシストする「レーンディパーチャーアラート」、LEDヘッドライトを細かく調光し前走車や対向車への眩惑を防ぐ「アダプティブハイビームシステム」、ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車との車間距離を保ちながら追従走行する全車速追従対応の「レーダークルーズコントロール」などを備える。

検知できる距離が長いのが特徴のミリ波レーダーを備える
[画像のクリックで拡大表示]
単眼カメラは物体の形や大きさ、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できる
[画像のクリックで拡大表示]

 予防安全装備も充実している。前後の障害物を検知し、アクセルの踏み間違えや踏みすぎによる接触を防ぐ予防安全機能「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」は、超音波センサーを増やし、カバーするエリアを拡大。またシフトレバーの操作と連動する電動パーキングブレーキ、右左折時に外側に向かって流れるように光ることで周囲から視認されやすい「LEDシーケンシャルターンランプ」、ヘッドランプ点灯走行時にウインカーやステアリングの操作に連動して点灯する「LEDコーナリングランプ」などを新しく採用した。

「LEDシーケンシャルターンランプ」は外側に向かって流れるように光る
[画像のクリックで拡大表示]