自転車での着心地の良さを追求! ジャブジャブ水に入れるハーフパンツ

CCP「ハイドポケットショーツ」「トレイルパンツ」

 自転車ブーム、ランニングブーム、トレランブームの盛り上がりを背景に使いやすさや着心地、丈夫さなどを重視した日本製の商品を展開するCCPは、サイクルウエアブランドとしてはもちろん、スポーツやアウトドアなど幅広い分野で注目されている。

 「ハイドポケットショーツ」は、“大人の短パン”をイメージして作られたという少しゆったりめの五分丈ショーツ。カラーはダンガリーとカーキの2色で、それぞれ異なる素材を使用。ダンガリーはコーデュラファブリックのナイロンタイプライター素材を使用した、軽量でも摩擦やすり切れに強いタフなタイプ。カーキはナイロンタッサーエアロワッシャー素材で、こちらは耐久性に加えて撥水性もあって、サラッとしたドライな肌触りが特徴だ。

CCP「ハイドポケットショーツ」(1万4040円)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、前腿(もも)一面が大きなポケットになっており、サイドにあるコンシールファスナーを開けることで出し入れができるようになっている。両色とも丈夫で軽く、ハリのあるスタイリッシュな風合いも魅力なので、アウトドアだけでなくテーラードジャケットなどと合わせてタウンユースとしても違和感なく着用できるだろう。

「ハイドポケットショーツ」のポケット口はサイドの目立たないコンシールファスナー
[画像のクリックで拡大表示]

 「トレイルパンツ」は自転車で海や川へ出かけた際、そのまま水にジャブジャブ入っていけるパンツをイメージして作られた。ストレッチ性のある水はけの良い素材を使用しており、デザインはふくらみを持たせていて、履き着心地は抜群。裾に付いたベルクロで裾幅の調整ができるのでシルエットの調整も可能だ。ウエストにはベルトループが付いているが、内側のひもでウエストの調整もできる。また右足にはファスナー付きキーポケットがあるので水辺で着用する際も安心。トラッドなウインドーペンチェック柄が印象的な水陸両用できるハーフパンツだ。

CCP「トレイルパンツ」(1万9440円)
[画像のクリックで拡大表示]

(文/安東 渉、中澤範龍)