便秘の特効薬としておなじみの浣腸(かんちょう)が、この10年で大きな変貌を遂げている。これまでは、浣腸の代名詞にもなっているイチジク型が主流だったが、新たにジャバラ型の容器が登場。ひと押しでつぶしやすい形状が液残りの不満を解消し、高齢者にも使いやすいと人気を集めている。

 日本初のジャバラ型浣腸を開発したのは、兵庫県の淡路島に本社と工場を構える浣腸専業メーカーのムネ製薬だ。同社は「コトブキ浣腸ひとおし(以下、ひとおし30)」の商品名で2006年8月に発売。さらに、2017年5月、ジャバラ型の第2弾「コトブキ浣腸ひとおし40プレミアム(以下、ひとおし40プレミアム)」を発表し、累計出荷本数は3000万本を突破した。そこで、がんこな便秘に悩むヘビーユーザーからも高い評価を得ているという新商品の秘密を探った。

2017年5月に発売された“プレミアム浣腸”「コトブキ浣腸ひとおし40プレミアム」(定価は2個入り400円、10個入り1800円。実勢価格は10個入りで1280~1380円)
[画像のクリックで拡大表示]

ユーザーの不満の声から生まれたジャバラ型浣腸

 ムネ製薬が今年5月に発売したひとおし40プレミアムは、ジャバラ型の容器で、お尻に挿入するノズルの長さがかなり長い。しかも、ノズルがうねうねしたウエーブ状になっているのが大きな特徴。容量は40グラムで普及版のひとおし30より10グラム多い。

 開発のポイントについて、同社の西岡一輝社長はこう説明する。「新商品は浣腸の3大不満である『液残り』『ノズルの長さ』『容量』を解決し、さらに挿入しやすくした。当社ではすべての商品に消費者カードを封入していて、『量を多くしてほしい』『もう少し奥に入れたいので先を長く』といった、ユーザーの声に応えた」。

 そもそも浣腸の常識を覆すジャバラ型の容器も、消費者カードに書かれていた不満の声から生まれたという。「使用後の容器に液が残っているのが気になる」。液残りに対する不満は6割を占めていた。イチジク型容器の場合、製造工程上、底に厚みが出てやや硬くなるため、液をすべて注入するのが難しい。そのせいで、効き目に対する疑問やもったいないという感覚がユーザーの不満の原因になっていたという。

 そこで、最初に縦型ジャバラが考案されたが、実際に使ってみるとうまく押しつぶせない。考えあぐねていた矢先、同社の西啓次郎会長が旅行先のウィーンの街角で見かけたアコーディオンが、横型ジャバラのヒントになったという。

 「アコーディオン型にすれば容器を簡単に押しつぶすことができ、使用後の残量が改善できると思った」と西会長。帰国後、早速、容器メーカーと共同で横つぶし式の浣腸薬を開発。挿入ノズルも少し長くすることで、液残りを3分の1に減らすことができた。

 「顧客の6割は60歳以上の高齢者なので、押しつぶしやすいジャバラ型の登場は革命的だった」と西岡社長。しかも、イチジク型と違い、床に立てて置けるので衛生面でも評価が高かった。

左が今回のひとおし40プレミアム。ジャバラ型の容器で、お尻に挿入するノズルが長いうえにうねうねしたウエーブ状になっているのが特徴。右は従来のイチジク型
[画像のクリックで拡大表示]