白熱電球の代わりに使うLED電球は、かなり普及が進んできた。直管形の蛍光灯の代わりに使うLED照明もオフィスや駅などの公共施設を中心見かける機会が増えている。

 一方、ほとんど見かけないのが丸形の蛍光灯を置き換えるLED照明。LEDを使ったシーリングライトを販売しているメーカーは多いが、丸形のLED照明を単体で販売しているメーカーは少ないのだ。丸形の蛍光灯は、家庭に広く普及している天井からつり下げて使う照明器具(プルスイッチ式のペンダントライト)に採用されている。もしこれらをLED照明に交換できれば全国でかなりの省エネになると思うのだが…。

 今回は、丸形のLED照明を販売する数少ないメーカーのひとつである、アイリスオーヤマの製品を自宅のペンダントライトに取り付けて1カ月近く使ってみた。果たして生活に変化は起きるのだろうか?

ネットかホームセンターで買うべし

 アイリスオーヤマの丸形LED照明は、一般的なシーリングライトとペンダントライトに取り付けられる。

 製品は、サイズとワット数で4タイプある。加えて、それぞれ光の色が昼光色/昼白色/電球色の3種類あるので合計12モデルのラインアップだ。取り付けるペンダントライトのワット数やサイズに合うものを選び、色は好みで選べばいいだろう。筆者は、自宅のペンダントライトとそこについている丸形蛍光灯を調べて、30W形+40W形で昼白色の「LDFCL3040N」を選んだ。実売価格は6000円前後だ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
アイリスオーヤマの「丸形LEDランプ」シリーズ。光の色が3種類から選べる

 最初は大手家電量販店を何軒か回って探したが、どこにも売っていなかったためネット通販で購入した。家電量販店の店員に聞くと、LEDシーリングライトは販売しているが、交換用の丸形LED照明は取り寄せになり時間がかかるという。家電量販店よりもホームセンターやネット通販のほうが在庫があることが多く、購入しやすいそうだ。