季節は夏真っ盛りだが、食品メーカーの秋冬商戦はすでに始まっている。ハウス食品はシチューの新たな市場を開拓すべく、新ブランドを投入する。それが、“シチューかけご飯”専用ルウ「シチューオンライス」。味は「チキンフリカッセ風(鶏肉のクリーム煮)ソース」「ビーフストロガノフ風ソース」の2種だ。

 ハウス食品は約50年前に「シチューミクス」を発売し、家庭料理としてのシチュー市場を開拓した老舗メーカー。そのハウス食品がなぜ今、“シチューかけご飯”を仕掛けようとしているのか。同社食品事業二部の宮戸洋之部長によると、その背景にはシチューにおける「2011年問題」があったという。

 「それまでほぼ横ばいだったシチュー市場が2011年を機にダウンし始めた。その原因を分析したところ、シーズン期間のメニュー登場頻度が減っており、特に1週間のなかで頻度が最も高い金曜日が減少していた」(宮戸部長)。ただ従来型のアンケートなどの調査手法で理由を聞いても、その明確な理由は分からなかったという。

 そこで同社は消費者の本音を探るため、ウェブ共創プラットフォーム「Blabo!(ブラボ!)」上に「More シチューエーション プロジェクト」を設け、約1万4000人に「シチューに関して潜在的に感じている“モヤモヤ”」を募集。2015年5~11月までの約半年間で出たさまざまな意見を分析したところ、意外な“本音”が見えてきたという。

2017年8月14日発売の、ごはんにかける専用シチューの素「シチューオンライス」(参考価格248円)。「チキンフリカッセ風(鶏肉のクリーム煮)ソース」「ビーフストロガノフ風ソース」の2種類
[画像のクリックで拡大表示]