メーカーが自社で素材開発できるのは大きな強みだ。自分たちが考える理想の製品を消費者が買いやすい価格で実現できる可能性が高まるからだ。

 モンベルは自社で素材を開発し、手ごろで高機能なアウトドアグッズを展開してきたブランドの一つ。今シーズンもまた、ユーザーをワクワクさせる新素材を投入し、注目を浴びている。その名は「バリスティックウルトラ」だ。

 “軽くて強い”という相反する機能を両立させたこの新素材は、どのような製品に使われていくのだろうか。開発した背景から素材の特徴まで、モンベルに話を聞いた。

従来のナイロンより強度は3倍以上でも2割軽い

 そもそもバリスティックウルトラとは何か。簡単に紹介すると、これは一般的なナイロンに比べて約3.6倍の引き裂き強度を持つという高強力素材のこと。一般的に生地を頑丈にしようとするとどうしても重たくなってしまう。しかしバリスティックウルトラは、中空構造の高強力糸を織り交ぜて強度を維持しながら、同社の従来のナイロンより約20%も軽量化できたという。まさに耐久性と軽量性を必要とする製品に最適な素材といえる。

左が330デニールの「高強力中空糸」。右がナイロンの中でも最も強い420デニールの「超高強力糸」。このふたつを織り合わせたものが「バリスティックウルトラ」になる
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はなぜ、この素材を開発したのか。