[画像のクリックで拡大表示]

 Googleは、2016年7月13日、「Android Auto(アンドロイドオート)」の提供を日本国内で開始した。Android Autoとは、Googleが開発したスマートフォン用のOS、Androidを搭載したスマートフォンを、クルマの車載システムに接続してスマホの機能を安全に利用できるようにするシステムのこと。同社が2014年に米国で発表すると、2015年には最初の対応モデルとして韓国の自動車メーカー、ヒュンダイの「ソナタ」が発売され、以降現在までに、40以上の自動車メーカーや車載機メーカーによって、100種類以上の対応モデルが販売されてきている。

 Android Autoは既に30カ国以上でのサービス提供が発表されており、今後は地域を拡大して普及、促進する予定だという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

目指したのは安全性の確保

 使い方は、Android 5.0(Lollipop)以降を搭載するスマホにAndroid Autoアプリをインストールし、対応するクルマのシステムにUSBケーブルで接続するだけ。これで車載のセンターディスプレイなどにAndroid Autoの専用画面が立ち上がり、車載の音声入力やタッチパネル、コマンダーなどを使ってスマホ機能の操作ができるようになる。

 Googleの広報担当者によれば、「近年、スマートフォンは生活に欠かせないものとなり、常に携帯するだけでなく、車内に持ち込んで利用する人も多い。しかし運転時に操作することは安全ではない。また通常のスマホは車載向けとして作られていないので、機能も不十分だった。これを改善するために、Android Autoを開発し始めた」という。

 Android Auto担当プロダクトマネジャーのダニエル・ホーリ氏は、この機能の大きなメリットとして「高い安全性」「スマホ同様の直感的な操作性」「Googleサービスを車内で 使えること」の3つを挙げた。特に開発では安全性を最優先し、ディスプレイを見なくても音声で「Googleマップ」などのアプリ機能や通話、メッセージの送信を可能にしたと強調。 安全への配慮から、車両と接続中のスマホはロックされ、スマホ画面へのアクセスができなくなるようにしたという。

 一方、操作性はスマホの機能をそのまま車内で使えるように、スマホ同様の直感的な操作になっている。使い慣れた機能を迷わず操作できることで、安全性が確保できるという。