ユニクロは英国出身のファッションデザイナー、ハナ・タジマ氏とコラボしたライン「ハナ タジマ フォー ユニクロ」の日本国内販売を2016年6月30日に開始した。同コレクションは2015年秋冬からマレーシア、シンガポール、インドネシア、タイで発売。2016年春夏にはフィリピン、米国、英国へと販路を拡大し、東南アジアのみならず欧米でも好評を得たことから日本での発売に踏み切った。今秋冬からは中国、韓国でも展開するという。

 特徴は、イスラム教徒(ムスリム)の女性が着用する伝統的なファッションを取り入れていること。ヒジャブ(頭髪や体を隠すための布)やカバヤ(ロングカーディガンのような上着)などがその代表だ。ユニクロが提案する「ライフウエア」のコンセプトに基づき、機能性とファッション性を兼ね備えたデイリーウエアとして提案されている。

 ムスリムファッションという新たなジャンルに取り組んだ理由について、ユニクロを展開するファーストリテイリングの勝田幸宏執行役員は「2年前、アセアンマーケットを拡大していくなかで、従来のラインだけでは対応できないことに気づいた。ムスリムファッションは保守的な女性らしさを追求しながらも快適性を求める点でユニクロと共通している。新しい文化と我々のものづくりを融合したことで、これまでになかった着こなしや使い方があることを日本人にも知ってほしい」と話す。

 同社のアセアンビジネスは、2009年のシンガポール進出を皮切りにスタート。2010年にマレーシア、2011年にタイ、2012年にフィリピン、2013年にインドネシアと着実に拡大してきた。2016年3月期末時点の店舗数は、シンガポールに24店舗、マレーシアに33店舗、タイに30店舗、フィリピンに27店舗、インドネシアに9店舗を展開。今後も、海外ユニクロ事業の成長ドライバーとして大量出店による拡大戦略を継続する予定だ。 

 ただ、アセアン地域にはイスラム教徒が多く、ムスリムファッションを展開するのは必然といえるが、イスラム教徒の少ない日本で果たして需要があるのだろうか。日本で展開する背景を探った。

ムスリムファッションを取り入れた新ライン「ハナ・タジマ フォー ユニクロ」のコレクション。(左)「ストライプラップロング ジャケット」(4990円)、「リネンスタンドカラーブラウス」(3990円)、「イージーワイドアンクルパンツ」(3990円)、(右)「ヒジャブ」(1990円)、「タイバックブラウス」(3990円)、「イージーアンクルパンツ」(2990円)
[画像のクリックで拡大表示]