新型「LS」が日本でお披露目された。レクサスインターナショナルの澤良宏プレジデント(右)と開発担当の旭利夫チーフエンジニア
[画像のクリックで拡大表示]

 レクサスがフラッグシップセダン「LS」の新型モデルを日本で初披露した。2017年秋以降にフルモデルチェンジを実施する予定だ。現時点では、ガソリン仕様の「LS500」ハイブリッド仕様の「LS500h」の存在が明らかになっている。

 LSはレクサスの最上級セダンで、初代から3代目までは日本ではトヨタ「セルシオ」として販売され、4代目から日本でもLSとして販売されるようになった。5代目となる新型は11年ぶりの世代交代だけあって、あらゆる面を一新している。

 新型は2017年1月に米国ミシガン州デトロイト市で開催された「北米国際自動車ショー(通称デトロイトモーターショー)」で世界初公開されており、今回は秋の発売に先駆けて、右ハンドルの日本仕様と、搭載予定の先進予防安全技術についても発表された。

4ドアクーペのようなエクステリア、広々とした室内

レクサス「LS500h」。新開発の「GA-Lプラットフォーム」を採用し、クーペのようなシルエットになった。全長5235×全幅1900×全高1450mm
[画像のクリックで拡大表示]

 新型LSのエクステリアは先代の高級セダンらしいスタイルから、4ドアクーペとも呼べる流麗なデザインになった。2017年3月に発売されたフラッグシップクーペ「LC」で採用された新開発の「GA-Lプラットフォーム」を新型LSにも採用しており、LS500、LS500hの標準ボディーサイズは全長5235×全幅1900×全高1450mm、ホイールベース3125mmで、前後席ともに車内はかなり広々としている。

 パワートレインは全車3.5LのV6エンジンを採用。LS500には新開発のツインターボエンジンに最新の10速ATを組み合わせ、最高出力421ps/5200~6000rpm、最大トルク600Nm/1600rpmを発揮する。ハイブリッド仕様のLS500hには、2017年3月に発売の「LC500h」と同じマルチステージハイブリッドを搭載し、システム最高出力は264kW(357ps)になる。このほか、3.5LのV6自然吸気エンジン仕様があるという。

レクサス「LS500h」。前後席ともに車内は広々としている
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の注目はやはり安全装備だ。今回初めて搭載される予防安全パッケージ「Lexus Safety System +A」は日本、北米、欧州で導入予定で、2015年に導入が始まった現行型の予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の機能をさらに高めたもの。特に注目すべきは、「プリクラッシュセーフティ(歩行者注意喚起・アクティブ操舵回避支援)」「Lexus CoDrive」「ドライバー異常時停車支援システム」の新機能だろう。

[画像のクリックで拡大表示]