大手メーカーの東芝やシャープなどが、生活家電事業を中国系企業に売却するなか、国内では、大手メーカーとは違うアプローチで製品を生み出す中小メーカーが相次いで誕生している。その1つに、レブソニックがある。

 レブソニックはLSI開発からエレクトロニクスやメカトロニクス事業までを手がける会社で、2015年12月に家電ブランド「elemiah(エレミア)」を起ち上げて家電市場に参入した。そして2016年春、エレミアの上位ブランドとなる「GLAPS(グラップス)」を発表。グラップスの製品開発を統括するクリエイティブディレクターには、国内初のパーソナル3Dプリンター「SCOOVO」やハイレゾ対応オーディオPC「ADIVA」などを手がけた会社、アビーの坂口信貴氏が就任した。

 GLAPSは第1弾として空気清浄機「除菌消臭エアクリーナーV1」を発売。そして5月には2機種目となる空気清浄機「A1」を発表し、その後も空気清浄機を出す予定があるという。大手メーカーからカドーやバルミューダといった新興メーカーまで、多くのブランドがひしめく空気清浄機市場になぜあえて参入したのか、坂口氏に話を聞いた。

GLAPSの空気清浄機「除菌消臭エアクリーナー V1」(3万9800円)。左からローズピンク(オンラインストア限定)、シルバー、ブラック、シャンパンゴールド(オンラインストア限定)
[画像のクリックで拡大表示]

GLAPSは使い捨てではない

 「カドーやバルミューダのおかげで、新興メーカーが参入しやすい市場になっているため、というのが1つの理由です。空気清浄機の基本構造は、どのメーカーが作っても同じです。空気を吸って吐き出すファンがあり、空気をキレイにするフィルターがある。光触媒を使っている空気清浄機も珍しくはありません。そうした中で、他との差別化を図るには、パーツ一つひとつのパフォーマンスを上げて、製品全体のパフォーマンス向上につなげる必要がありました」(坂口氏)