トヨタ自動車は、フルモデルチェンジした高級セダンの「トヨタ・クラウン」を6月26日、発売した。価格は、460万6200~718万7400円だ。

フルモデルチェンジを遂げたクラウン。従来の「クラウン像」を打ち破ったスタイルや走行性能が注目される
[画像のクリックで拡大表示]

 新型クラウン最大の変更点はボディータイプを統一したこと。新型のキャラクターを象徴する「RS」(詳細は後述)など、仕様も新たにした。これまでは、ロイヤルサルーンを含むフォーマルな「ロイヤル」とスポーティーな「アスリート」、そしてロングホイールベースの最上級仕様「マジェスタ」の3タイプがあったが、これらをスポーティーなデザインに1本化。トランクが独立したセダンである点は踏襲しているが、輸入高級車で流行している4ドアクーペのようなデザインに仕上げたのが特徴だ。

 驚くことに側面や後方から見るとクラウンとは思えないほど大胆なイメージチェンジが図られている。とはいえ、クルマの顔であるフロントマスクには、伝統通りに専用エンブレムを装着し前モデルをほうふつとさせる力強いグリルを備える。開発担当者によると、フォルムを刷新しつつもいかにクラウンらしさを残すか議論を重ねて、最終的にフロントマスクにのみにクラウンらしさを残したという。

フロントマスクには、従来型モデルのような力強いグリルと伝統の王冠デザインのエンブレムが備わる
[画像のクリックで拡大表示]

 ボディータイプの違いはなくなったが、専用18インチアルミホイール、専用フロントスタビライザーなど走行性能を高めるアイテムを装備した「RS」仕様を新たに加えた。もちろん、「RS」はロイヤルサルーンの略ではない。「ランナバウト・スポーツ」の略で、前モデルの「アスリート」に近い存在だ。ボディーサイズは、全長4910×全幅1800×全高1455mm。日本専用車のため、日本国内で走行しやすいように全幅は1800mmをキープした。

 標準のボディカラーは7色で、標準のインテリアカラーは4色から選べる。加えて、日本ならではの繊細な色を用意した塗装オプション「ジャパンカラーセレクションパッケージ」も設定した。オプション専用ボディカラー6色と、インテリアカラー7色(標準4色+オプション用3色)を自由に組み合わせることができる。オプション価格はボディーカラーのみは10万円、インテリアカラーとの組み合わせは10万~36万9000円となっている。

ボディーカラーは、全7色。さらに日本ならではの繊細な色を用意した特別な塗装オプションである「ジャパンカラーセレクションパッケージ」では専用ボディーカラー6色とインテリアカラー7色から好みの組み合わせが選択できる
[画像のクリックで拡大表示]