今、20~30代の女性たちの間で“こういうものが欲しかった”と話題を集めているコスメがある。それが「himecoto」だ。

 初めて商品名を聞いたという読者も多いだろう。それもそのはず、広告展開はほとんどしていない。ひと目で目的が分かるパッケージや売り場のPOPで女性に共感を呼び、人気に火がついたパーツ専用コスメだからだ。

 ワキの黒ずみや汚れを落とす「白ワキ姫」、脚の毛穴や黒ずみを塗ってカバーする「白アシ姫」、指先のシワを目立たなくする「白ゆび姫」など、他人には言いづらい女性のデリケートな悩みを解決するために考案されたhimecotoは2014年に発売され、2017年6月までの累計販売個数は99万6117個にも上る。

「himecoto」シリーズは現在11種類。ワキやヒザ、脚、指など限定したパーツ専用のコスメだ。写真はシリーズの中でも人気の高い「白ワキ姫」と「白ワキ姫 ナイトパック」
[画像のクリックで拡大表示]
写真左から、「ツルハナ姫」「ツルワキ姫」「白ゆび姫」「白ワキ姫せっけん」
[画像のクリックで拡大表示]
写真左から、「白アシ姫」「白アシ姫ホワイトニングミルク」「白ひざ姫」「美脚姫」「美唇姫(びじんひめ)」
[画像のクリックで拡大表示]

 まさに、かゆいところに手が届く“ニッチなコスメ”に興味を引かれ、販売元のリベルタが開催した展示会を訪れた。広報担当者にどのような人が開発をしているのかを聞いたところ、男性が担当しているという。しかも、「自分には無頓着なのに、女性の悩みをつかむのがうまい」らしい。

 ここまで女性の悩みを的確に捉えることができる男性とは、一体どのような人物なのだろうか。himecotoがどのように生まれたのかを探るべく、開発担当者を訪れた。