スーパーマーケットの鍋つゆコーナーの棚がめんつゆ商品に一新されると、「もうそんな季節か」と夏を感じる人も多いだろう。そんなめんつゆ市場に2016年、異変が起きている。大手メーカーのバラエティーめんつゆのパッケージ写真からそうめんが消え、うどん一色になっているのだ。

 キッコーマン食品は2016年2月にめんつゆの新商品を投入。つくりたての味や風味が楽しめる使い切りタイプの「キッコーマン 香り立つぶっかけつゆ」シリーズに加え、「具麺ソース」シリーズからは「あまから肉ぶっかけ」「和風おろし」を発売し、「韓国ビビン麺風」「ごま肉味噌」は具を増量するなどのリニューアルを行った。これら全6品のうち5品のパッケージには写真にうどんを採用している。

 2015年に「まぜつゆ」「ぶっかけつゆ」各2品を発売したミツカンは2016年、そのふたつを統一した新シリーズ「まぜつゆ」を2月に発売。こちらもシリーズ4品中3品のパッケージがうどんの写真なのだ。

 さらに、うどん専用のシリーズも続々と登場。エバラ食品は2月、「プチッと」シリーズから「プチッとうどんの素」を発売。日本製粉は2月にオーマイブランドから初のレトルトつゆシリーズ「オーマイ うどんつゆかえてみませんか?」を発売している。 また丸美屋は5月、セブン&アイ・ホールディングスと共同開発した「埼玉の味 冷汁うどんの素」を全国のセブン&アイグループ店舗で発売。ヤマキが2011年から展開している個食タイプの「つけめんつゆ」シリーズは、スタート時はうどん1品・中華めん2品で展開していたが、2016年は「つけうどんつゆ」2品と「釜玉うどんつゆ」1品のつけうどん専用シリーズとなっている。

 なぜ2016年発売のバラエティーめんつゆは、これほどまでに“うどん押し”なのか。また従来のそうめん向けバラエティーめんつゆとどう違うのか。

キッコーマン食品の「具麺ソース」シリーズは2品「あまから肉ぶっかけ」「和風おろし」が新発売・2品が増量リニューアル(各希望小売価格各220円)
[画像のクリックで拡大表示]
「キッコーマン 香り立つぶっかけつゆ」シリーズは「鰹だし」「柚子塩」の2種類で各1人前×4袋入り、希望小売価格各240円。無菌で充填し、高温で短時間殺菌。長時間加熱していないので、レトルト製品特有のクセがなく、フレッシュな風味が楽しめるという
[画像のクリックで拡大表示]
ミツカンの新シリーズ「まぜつゆ」4品「香るすだち」「ごま豆乳」「釜玉うどんだし醤油」「鶏塩レモン」は各1人前×3袋入りの使い切りタイプで参考小売価格各233円
[画像のクリックで拡大表示]
オーマイブランド初のうどんつゆシリーズ「オーマイ うどんつゆかえてみませんか?」は希望小売価格各250円。「濃厚魚介醤油」「濃厚胡麻担々麺」の2種類
[画像のクリックで拡大表示]
20mlの小さなポーション容器に1人分のうどんつゆが入っているエバラ食品の「プチッとうどんの素」は、「釜玉風」「和風おろし」の2種類で各4個入り、小売参考価格各250円
[画像のクリックで拡大表示]
ヤマキは「つけうどんつゆシリーズ」に「魚介醤油つけうどんつゆ」が加わった。1人前×2袋にすりゴマ付きで標準小売価格208円
[画像のクリックで拡大表示]
丸美屋がセブン&アイ・ホールディングスと共同開発した「埼玉の味 冷汁うどんの素」は希望小売価格各198円
[画像のクリックで拡大表示]