2018年6月20日から23日まで、米アナハイムのコンベンションセンターで、ユーチューバーの祭典「VidCon(ビドコン)」が開催された。100万以上のフォロワーがいる著名なユーチューバー、映像クリエイターやマーケターまで、動画に関係した幅広い出席者が約3万人集まった。

会場はディズニーランドに隣接するコンベンションセンター
[画像のクリックで拡大表示]
参加者は10代を含む若者や女性が多い
[画像のクリックで拡大表示]

 アナハイムのコンベンションセンターは米ロサンゼルスのディズニーランドに隣接している。会場周辺に小学生や10代の若者の姿が多いのもそのためかと思ったら、ビドコンに参加する親子連れやグループであり、お気に入りのユーチューバーに会うためにイベントにやってきているのだ。

 ユーチューバーは動画投稿サイト「YouTube」で人気を集めるインフルエンサーの総称。映像の再生回数に応じてユーチューブから収入を得ており、トップクラスの年収は億円単位である。夢のある職業として、日本でも将来なりたい職業にランクインするようになった。

 ビドコンの特徴は若者と女性の参加者が多いこと。2017年の数字ではあるが、女性が約6割、17歳以下が約4割の構成だという。日本からの参加者は「ニコニコ超会議と同じような層が参加しており、これからも勢いが続きそう」と予想する。