ほぼ全ての牛丼チェーンにあると言っていいメニューがカレー。専門店とは違って万人に食べやすい味に調整しているイメージがあるが、ここ最近、各チェーン一様に“スパイシー化”が進んでいるのをご存じだろうか。

 すき家は2018年4月に定番商品である「ポークカレー」をクミンなどのスパイスを増量し、ブラックペッパーを加えてよりスパイシーな味にリニューアル。吉野家も2017年5月から、15種類のスパイスを配合し、辛さと香りを出した「黒カレー」を販売している。

 なかでも辛さが強烈と話題になっているのが松屋だ。同チェーンの「オリジナルカレー」は、年々スパイシーさが増してきており、「松屋のカレーが辛すぎて泣く」「想像していたより辛い」という感想がSNS上にも上がっている。各チェーンの辛さにどの程度の差があるのか、それぞれのカレーを食べて辛さを比較した。

松屋のカレーがダントツに辛い

 すき家のカレーの辛さは家庭で作るカレーの甘口と中辛の中間くらいだろうか。辛さは“ほどほど”でクセがなく、続けて食べても飽きない味という印象だ。それに比べると、吉野家の黒カレーはかなりスパイシー。玉ねぎ、トマトペースト、りんご果汁などの野菜と果物をベースにしているため、辛さとともにこってりした甘味とクセもある。食べる人によって好みが分かれそうだ。

すき家の「サラ旨ポークカレー」(並盛、税込み490円、以下価格表記はすべて税込み)。「店内で誰かが食べていると自分もつい注文したくなってしまうように、スパイスの香りを利かせた」(ゼンショーホールディングス広報)
[画像のクリックで拡大表示]
吉野家の「黒カレー」(並盛、350円)
[画像のクリックで拡大表示]

 3つのチェーンのなかでも突出して辛かったのは、やはり松屋のカレーだった。「これは辛いものが苦手な人には無理だろう」というレベルだが、本格的なスパイスの風味が効いていて、辛くても食べ進めてしまえる味だ。

松屋の「オリジナルカレー」(並盛、380円)
[画像のクリックで拡大表示]
3品同時に食べ比べてみた。すき家のカレー弁当(写真上)、吉野家の黒カレー(写真右)、松屋のオリジナルカレー(写真左)
[画像のクリックで拡大表示]