[画像のクリックで拡大表示]

 子供が肌身離さず抱きしめるぬいぐるみが、IoTの力を借りて「話し相手」に進化した。“声の主”は「ペチャット」と名付けられた黄色いボタン。開発したのは広告代理店の博報堂だ。社内の有志11人でプロダクトイノベーションチームmonomを結成し、発売にこぎ着けた。「一般の主婦が初めて手に取るIoT製品を目指した」とビジネスデザイナーの谷口晋平氏は語る。

“ボタン”を付けるとしゃべり出す

スピーカーは直径45mm、奥行き21mm。スマホと接続し、最大約10mの距離から操作可能
[画像のクリックで拡大表示]
Pechat/ペチャット(博報堂monom)
実勢価格4990円(税込み)


 ボタン型のスピーカーがスマホとつながり、親が入力したテキストが音声に変換される。アプリにはセリフリストも豊富に用意されており、歌や物語の読み聞かせにも対応している。愛着のあるぬいぐるみの“声”だからこそ、誰もが真剣に耳を傾ける。親と子がIoTという技術に初めて触れる、そんな画期的な商品がペチャットなのかもしれない。

[画像のクリックで拡大表示]

 反響は発売前から大きかった。開発費はクラウドファンディングで賄い、2016年12月に発売するや、目標の2倍超の売れ行きを継続。当初は100余りだった取扱店はすぐに200を突破、17年4月には400店へと急増した。アップデートを重ね、今後も改良を続けるという。

玩具も工作も遠隔で操作、スマホを傾けて速度変更

単3形電池と同じサイズで、市販の単4形電池をはめ込んで使う
[画像のクリックで拡大表示]
MaBeee/マビー(ノバルス)
実勢価格4170円(税込み)


 家電とは縁遠いと思われていた身近な商品が、IoTと組み合わせることで次々とパワーアップしている。

専用アプリの操作画面は子供でもわかりやすいデザインを採用した
[画像のクリックで拡大表示]

 マビーは乾電池ケースだが、市販の電池と合体すると、Bluetoothを介してスマホとつながり、電池の出力を調整する。スマホの傾き具合で玩具の動く速度が変わるなど、操作も簡単。電車の模型なら、徐行して駅にぴったり停車させられる。かつて苦労した夏休みの工作も、手のひらでコントロールできる時代がやってきた。