梅雨でジメジメするこの季節、体のにおいが気になる人も多いのではないだろうか。そんなにおいを測定して数値化するアイテムが登場する。タニタが2018年7月に発売する「においチェッカー」だ。

 センサーを脇や背中、頭皮など、においが気になる部分に当てると、レベル0から10までの11段階で測定して表示する。本体はシャツの胸ポケットに入るサイズで、携帯して気になるときにいつでも計測できる。「レベル5を超えたら、においに対する対策が必要なデオドラントサイン」(タニタ広報)だ。

「においチェッカー ES-100」(市場想定価格1万2800円)。幅94mm、高さ52mm、奥行き25mm。重さ約60g。センサー部分は2000回使用もしくは1年間で取り替える。センサーカートリッジは別売り(市場想定価格5000円)
[画像のクリックで拡大表示]
首や頭部など、気になる場所にセンサーを近づけて測定する
[画像のクリックで拡大表示]

 体臭を測定できる機器としては、ほかにもコニカミノルタが2018年1月に発売した「Kunkun body(クンクン ボディ)」がある。Kunkun bodyはデバイスとスマートフォンを連動させて使用するが、においチェッカーは製品単体で測定から結果の表示までできる手軽さが特徴だ。

瓶に入れたブルーチーズのにおいを測定したところ、レベル5が表示された
[画像のクリックで拡大表示]