スウィッシュは海外生産ながら照準は東京

 スウィッシュも台湾で生産が行われグローバルに展開されるモデルではあるが、主に日本の都市部、具体的に言えば「信号と渋滞の多い東京」の道を走ることに照準を合わせているという。

 小径タイヤは大径タイヤと比べて中高速域での安定性が劣るとされるが、スウィッシュはタイヤ幅を太めの100mmとしたほか、燃料タンクをフロアボードの下に配置して低重心化を図るなどによって安定性を確保しているという。タイヤ径が小さくなると必然的にディスクブレーキの制動力を左右するブレーキローターの径も小さくなってしまうことになるが、スウィッシュはスズキの125ccスクーターとしてはもっとも径の大きい直径200mmのローターを装備。車体のあらゆる部分が10インチタイヤの使用を前提に入念に作りこまれているという印象だ。

直径200mmのディスクローターと2ポットブレーキキャリパーによって十分な制動力を確保しているという
[画像のクリックで拡大表示]
リアキャリアを標準装備。通勤で利用するユーザーはこのリアキャリアに雨でも荷物がぬれないようリアボックスを装着するケースも多い
[画像のクリックで拡大表示]

 パワーユニットは現在販売されているアドレス110やアドレス125と同じSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを搭載する。これは燃焼効率に優れ、部品点数の少ない強制空冷方式とすることで軽量かつコンパクトなのが特徴だ。ただしスウィッシュはCVT(変速装置)やマフラーなどのセッティングを最適化することで発進加速を向上させている。

 発表会では先代にあたる「アドレスV125S」、現行モデルのアドレス125と同時にスタートして発進加速を比較する動画も公開されたが、スウィッシュはスタート後20mほどで他の2台を完全に引き離していた。エンジン設計部エンジン実験課の福田善夫氏は「この発進加速を達成することがスウィッシュのエンジン設計においてもっとも苦労した点」と語った。

スウィッシュは部品点数の少ない強制空冷式の4ストローク単気筒エンジンを搭載。この手の小型スクーターはリアサスペンションのスイングアームとエンジンが一体となった「ユニットスイング方式」を採用するため、軽量コンパクトなエンジンは路面追従性の向上にも寄与する。出力は6.9kW(9.4ps)/7000rpm、10N・m(1.0kgf・m)/6000rpmを発揮
[画像のクリックで拡大表示]