外国人観光客が、全国各地で爆発的に増えている。東京ではこれまで人気だった浅草・銀座からもう一歩深いエリアに人気が移っている。なかでも東京・新宿は、いま最も人気の高いエリアの1つとして、多くの外国人観光客で賑わっている。日本人観光客もあまり足を踏み入れないディープなスポットが、各国のガイドブックやネットで紹介され、注目を集めている。そこで、外国人観光客が先取りする見所をヒントに、日本の魅力を満喫できる“ディープ・シンジュク・ツアー”に出かけてみた。

表の顔、新宿末廣亭、紀伊国屋から徐々に奥深くへ

 JR新宿駅の東口から徒歩数分の新宿末廣亭は、外国人観光客自身よりも「外国人観光客をもてなしたい日本人」に人気だ。40代以上の大人の落語ファンはもちろん、最近は20代、30代の客も多いので、初心者でも気楽に楽しめるエンタメ空間となっている。

 近くに数多あるお店で早めの昼食をすませて、趣深い木戸をくぐる。一般3000円、学生2500円で、正午から午後9時まで、ゆったりたっぷり日本の話芸を楽しめるのだが、ツアーは始まったばかりなので、ここは昼の部の4時間半でひと区切りとしよう。

 新宿末廣亭を出て少し新宿駅へ戻るように歩いていくと、新宿通りの向かい側に次の目的地が現れる。本好きの聖地「紀伊國屋書店 新宿本店」が入っている「紀伊國屋ビル」だ。

 7階の半分を占める「洋書」エリアでは、外国人観光客の姿もよく目にする。ただ、全国的に有名なこの書店を“素人には敷居の高いディープな観光地”とは呼べないだろう。今回の外国人がやってくる“ディープ・シンジュク・ツアー”のお目当ての場所は、ほかにあった。

新宿末廣亭
[画像のクリックで拡大表示]
紀伊國屋新宿本店
[画像のクリックで拡大表示]

 紀伊國屋ビルの1階、通路を進んだ1番奥にある小さな店、1962年からこの場所で商いを続けてきた由緒正しい喫煙具専門店「Kagaya」だ。主力商品の手巻きのプレムアム・シガー(葉巻)は、1本230円の安価なものから1本9300円の最高級品まで20ブランドを揃えており、ビギナーからベテランまでの幅広いニーズに応えている。開店当初から定番商品のパイプも、1本2000円の初心者向けから63万円の有名作家の作品まで、500本がずらりと並べられている。

 ほかにも、最近若者に人気の巻きタバコが100ブランド近く並び、「かみタバコ」や「嗅ぎタバコ」、「スムーズ」など、日本では珍しいタバコの数々や、ブランドもののライターなどの喫煙具も充実している。

 また、通路を挟んで向かい側に2015年2月にオープンした「kagaya 2nd」では、ここ数年、若者や外国人の間で流行している「電子タバコ」や「シーシャ(中東の水タバコ)」が豊富な品揃えで販売されている。

外国人の爆買いの対象にもなっている
[画像のクリックで拡大表示]
若者や外国人に人気の電子タバコ専門店
[画像のクリックで拡大表示]

 7~8年に1億数千万円だった売り上げは、右肩上がりに増え、現在、2店舗の年商は約3億円にもなる。1日の来客数の2割程度が外国人で、そのうちの3分の1ほどが観光客だという。「昔から欧米系のお客様は多かったのですが、最近はアジア系、ここ1~2年は特に中国からのお客様が増えました」(中西猛店長)。

 先日も、香港からの観光客が「ダンヒル ウィークリー・パイプ 7本セット」を税込12万9600円で買ったという。「先ほども中国のお客様が、1箱10万円の葉巻を2箱、電話で予約されました」と中西店長が話すように、こんなにディープな趣味の世界でも中国人の爆買いが起こっていた。

Kagaya 新宿店の中西猛店長
[画像のクリックで拡大表示]