スニーカーの修理依頼は増えている

 スニーカーは修理するよりも買い替えたほうが安いのではと思うかもしれないが、近年はスニーカーの修理の依頼が増えているそう。「革靴のようにソールを丸ごと交換する方、こまめにアウトソールを修理する方、白いスニーカーのクリーニングに来られる方は確実に増えている。男性に関してはもしかしたら革靴を持ってこられる方よりも多いかもしれない」(谷澤氏)。ソール交換なら1万円程度、クリーニングは7000円程度になるが、それでもメリットが大きいと考える人が多いのだ。

 スニーカーを修理する人が増えている背景として、スニーカーの価格が上がっていることが大きいだろう。材料価格の高騰などにより、近ごろは2万円を超える価格のスニーカーも少なくない。ハイブランドのものなら、スニーカーとはいえ10万円を超えるものがざらだ。これなら買い替えよりも修理を選んだほうが賢い。

 また限定やコラボなど希少なモデルは、基本的に二度と手に入らない。オリジナルモデルが好きで履いているが、復刻モデルは少し色や形が違うということもある。同じものが買えない以上、履き続けたいなら修理が唯一の選択肢となる。また、レザーのアッパーのモデルは革靴と同様、履くほどに足になじんでくる。それを持続させられることも修理のメリットだろう。

寿命を伸ばすコツは「水と熱を避ける」

 スニーカーの寿命を延ばすコツは「なるべく水と熱を避けること」と谷澤氏。スニーカーはアッパーとソールを接着剤でつなげているものがほとんどだが、水や熱はこの接着剤の劣化の原因になる。お気に入りのスニーカーであれば、雨の日に履くのは避けたほうがいいだろう。また毎日同じスニーカーを履き続けずに、ある程度ローテーションしたほうがいい。

 アッパーが天然皮革の場合は革靴と同じように、汚れや埃をまめに払い、定期的に靴用の乳化性クリームを塗ろう。キャンバスやナイロンのものは水で洗って構わないが、アッパーとソールの接着面がなるべくぬれないように気をつけたい。乾かすときはドライヤーを使わず、陰干しすべし。

アッパー内側のかかと部分が破れてしまったスニーカー
[画像のクリックで拡大表示]
革を当てて補修
[画像のクリックで拡大表示]

(文/神津文人)