2017年6月1~4日に開催された「東京おもちゃショー2017」で見つけた興味深い玩具を厳選して紹介する。全体の傾向と、目を引いた玩具を紹介した前編(「定番玩具が大進化、50周年リカちゃんはキラキラ!」)と合わせて読んで欲しい。

 今回のおもちゃショーで最も注目を集めたのが、SONYのトイ・プラットフォーム「toio」だろう。発表と同時に始まった限定予約も、その日のうちに完売した。これは、玩具を作るための土台となるシステム。2つの車輪がついた小さなキューブを、輪っか状のコントローラーで操ったり、本体に差し込むソフトウエアに書き込まれたプログラムで動かしたりするというものだ。画面もなければ、コミュニケーション手段も提供しない。遊び方も決めない。しかし、ルールを自分たちで作り、道具も自分たちで作って遊ぶ楽しみは、たっぷりと提供してくれる。最初のハードルは少し高く、面倒くさがりの大人には向かないかもしれないが、昔ながらの玩具の原点に立ち返ったような製品が、デジタルの技術とアイデアで実現した、とても面白いものなのだ。

ソフトウエアと本がセットになっていて、工作のガイドが掲載されている
[画像のクリックで拡大表示]
本体と、そこにつながっているドーナツ状のコントローラー。本体は、ソフトを挿すだけで、基本的には触れずに遊ぶことができる
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の東京おもちゃショーでは、昔楽しんだ遊びをデジタルや現代感覚を取り入れることでパワーアップさせた玩具が多かった。定番菓子がオセロになったり、しゃべることで自分と相手のキャラを戦わせたりなど、ひとひねりが面白い12選を紹介する。