カンヌ映画祭と同時に開催される映画マーケット「マルシェ・ドゥ・フィルム」。こちらも映画祭同様に世界3大映画マーケットで、日本からも作品の売り込みに多くの人が乗り込んだ。そのマルシェの様子を、前回の「カンヌ映画祭 是枝監督の最高賞、邦画に復活の兆し」に引き続き、ジャーナリストの高野裕子氏にレポートしていただいた。

パレ・ビルから地下のマルシェへ(写真:yuko takano)
[画像のクリックで拡大表示]
ヴィレッジ・インターナショナルは国旗を掲げたテントが並ぶ映画村(写真:yuko takano)
[画像のクリックで拡大表示]