薄型テレビは価格もこなれて買いどき(Igor Kardasov / PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年12月に迫った4K・8K本放送のスタートに向け、メーカー各社に4Kテレビを拡販する気運が高まっている。その結果、店頭価格がこなれてきており、今はかなりの買いどきと言える。「4Kコンテンツがないのでは?」という心配も、「スカパー!4K」や「ひかりTV 4K」などの放送コンテンツ、4Kブルーレイ(Ultra HD Blu-ray)、4K VOD(ビデオ・オンデマンド、動画配信)サービスなど、本放送を待たなくても十分な4Kコンテンツが流通しているのだ。

 ボーナスシーズンを控え、4Kテレビの選び方と、各メーカーの最新4Kテレビを紹介する。

4Kチューナー搭載モデルが早くも登場

 4K・8K本放送がスタートするのに先駆けて、東芝は4Kチューナーを内蔵する「REGZAシリーズ」を発表した。有機ELテレビの「X920シリーズ」2モデル、液晶テレビの「BM620X/M520Xシリーズ」7モデルの合計9モデルがそれ。現行のBS/110度CS放送を受信できていれば、つなげるだけで4K放送を視聴できるようになる。X920シリーズは7月下旬、43M520Xは6月中旬の発売予定。50M520XとBM620Xシリーズは6月6日に発売した。

 東芝は同時に、テレビに接続するだけで4K放送を視聴・録画(録画には別売の外付けHDDが必要)できる4Kチューナーを今秋に発売する。4Kチューナーを内蔵していないテレビを購入しても、後からチューナーを購入すればいいので安心してほしい。ただ、面倒な接続なしに4K本放送を視聴できる内蔵モデルが欲しいのであれば、現時点では東芝のREGZAシリーズの登場を待つ必要がある。

「HDR対応」「倍速駆動」「対応VOD」が選択ポイント

 4Kチューナーの有無以外の選択ポイントとして重要になるのは、もちろん「画質」だ。画質については、店頭などで実際に見比べて納得のいくものを選んでほしいが、分かりやすいキーワードとして「HDR対応」というものをまず知っておいてほしい。

 「HDR」とは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略。「HDR対応」をうたうモデルは、従来のテレビよりも暗い映像から明るい映像までを再現できることを示している。当たり前だが、HDR対応をうたっている機種でも、メーカーやモデルによって画質に差は出てくるが、HDR非対応よりは確実に表現力が高いので、より高画質なモデルが欲しいという人は「HDR対応」をチェックしたい。

 なお、HDRにはさまざまな規格が存在する。基本となる「HDR10」は、HDR対応をうたうテレビであればほぼ対応している。このほかに「HLG(Hybrid Log-Gamma、ハイブリッド・ログ・ガンマ)」や「Dolby Vision(ドルビービジョン)」といった規格がある。4K・8K本放送の本当の画質を堪能するならHLG対応を狙いたい。

 液晶テレビの場合、「倍速駆動」に対応するかどうかも重要だ。倍速駆動に対応していないモデルでは、速い映像で残像が生じてしまう場合がある。スポーツ中継などを楽しみたい場合は注意が必要だ。

 また、前述した通り、手軽に4Kコンテンツを楽しむ手段として4K VODサービスがある。ほとんどの4KテレビはVODサービスを楽しめるが、対応するサービスはメーカーや機種によってまちまちだ。

 現時点では、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、4Kアクトビラ、U-NEXT、dTV、ひかりTV 4Kなどが4K VODサービスを提供している。当然、価格や配信コンテンツの数や種類が異なるので、多くの4K VOD配信サービスに対応している機種のほうが安心だ。