是枝裕和監督『万引き家族』のパルムドール受賞で盛り上がったカンヌ映画祭。会場で取材したジャーナリストの高野裕子氏に、今年の現地の様子をレポートしていただいた。※文中敬称略

カンヌ映画祭の中心となるパレ・ビル。掲げられた本年度のポスターはジャン=リュック・ゴダール監督の『気狂いピエロ』のキス・シーン。主演女優のアンナ・カリーナも姿を見せた。ゴダールには栄誉パルムドールが授与された(写真:yuko takano)
[画像のクリックで拡大表示]
今年は女性審査員が5人も。左からクリスティン・スチュワート、エイヴァ・デュヴァーネイ、ケイト・ブランシェット、レア・セドゥ、カージャ・ニン(C)Festival de Cannes/Mathilde Petit/FDC
[画像のクリックで拡大表示]

 邦画としては21年ぶりとなる、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞であるパルムドールを受賞――のうれしいニュースで幕が下りた2018年のカンヌ映画祭。邦画の上映数は例年と変わらないが、どの映画も高い評価を得ており、日本の映画が小さいながらも世界に一石を投じたのではないか、という希望が見えた年だった。

パルムドールのトロフィーを手にした是枝監督。「監督として本当に重い出来事」と語った(C)Festival de Cannes/Alberto Pizzoli/AFP
[画像のクリックで拡大表示]
2018年度の審査員長は、ケイト・ブランシェットが務めた(C)Festival de Cannes/Alberto Pizzoli/AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 「これをいただくというのは、監督として本当に重い出来事で、この先この賞をもらった監督として恥ずかしくない作品をまたつくらなければならないという覚悟を新たにしています」と受賞の感想を語った是枝監督。

 作品については、「公式上映のときの観客の反応も温かいものだったんですけど、その後の記者の方たちも言葉の中に、“TOUCH”と“LOVE”という言葉があふれていて、ちゃんと届けたいところに(作品が)届いたのかなという想いです。血縁を越えて共同体を求める人たちの話で、産んでいないが親になろうとする人たちの試みを応援するという気持ちを込めました。彼らは犯罪でつながっていて、そのせいで引き裂かれるので、見てる側としては単純なシンパシーでも単純な断罪でもない、両方を抱えながら見終える――そういうポジションに僕自身を置いて撮った映画ではあります」と話した。

家族は是枝監督が繰り返し取り上げてきたテーマだ(C)2018 FUJI TELEVISION NETWORK/GAGA CORPORATION/AOI PRO. INC. ALL
[画像のクリックで拡大表示]
会見で語る是枝監督(写真:yuko takano)
[画像のクリックで拡大表示]