今までになかった発想で、売り上げを伸ばしているコンロがある。それは、家電がロボット掃除機に代表されるように「利便性」を打ち出しているのとは反対に、家族や友人との「コミュニケーション」を深めるために、調理する時間を楽しむことに着目しているのだという。

テーブルとコンロが一体になった、パナソニック「いろりダイニング」(ラウンドアクセス ガラステーブルタイプ)
[画像のクリックで拡大表示]

■ガスとIH両方使える、“あるようでなかった”ハイブリッドコンロ
■家族や友人と一緒に楽しむ新しいコンセプトのコンロ
■専用アプリでプロ級の料理が“自動”でできる