日本に住んでいる限り、残念ながら地震とは切っても切れない関係だ。先日の熊本地震をきっかけに、再び防災意識が高まった人も多いだろうと思う。

 しかし、万が一の災害に備えていくら防災グッズをそろえていても、必要なときにすぐ使えなければ意味がない。でも、災害はいつどこで起こるか分からない。仕事中かもしれないし、帰宅途中かもしれない。ということは、本来、常時携帯しているのが一番いいということになる。

 そこで、「通勤時にも携帯できる」「A4サイズのバッグに収まる大きさ」「簡単に使える」をキーワードとし、いざというとき「本当にあってよかった!」と思えるエマージェンシー対応のコンパクトグッズを厳選して紹介しよう。

強風でも、水に突っ込んでも消えない最強防水マッチ

UCO(ユーコ)「タイタン ストームプルーフマッチキット」1500円
[画像のクリックで拡大表示]

 「防水マッチ」というと、マッチ自体にロウでコーティング等を施し、雨などにぬれても湿気ないように加工されたものを指す。でも「防水」なのは着火前の話で、火をつけてしまえば防水ではなくなってしまうのが一般的な防水マッチだ。

 しかし、UCO(ユーコ、日本代理店モチヅキ)の「タイタン ストームプルーフマッチキット」は他とまったく違う。なぜなら、水中に突っ込んでも消えず、さらに強風にさらされても火は燃え続け、消えることがないからだ。

1本の燃焼時間は約25秒間。ストライカー(マッチのやすり)の役割も果たすケースも防水性があり、水に浮くようにできている
[画像のクリックで拡大表示]

 では、なぜ消えないのか?残念ながら、詳しい仕組みに関しては企業ヒミツとのことだったが、「火種が消えないよう、特殊加工をしています」と広報担当者。どんな状況でも頼りになる、まるで魔法のようなマッチだ。