ディー・エヌ・エー(DeNA)と横浜市は2017年4月27日、28日の2日間、神奈川県横浜市金沢区の金沢動物園でDeNAの自動運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」の一般向け試乗イベントを実施した。これはDeNAと横浜市などが参画する「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」の最初の取り組みとなるもので、4月24日の発表時には動物園内でのデモ走行も公開した。

ディー・エヌ・エーの執行役員兼オートモーティブ事業部長 中島宏氏、横浜市の林琢己経済局長、金沢動物園の原久美子園長
[画像のクリックで拡大表示]

 ロボットシャトルは無人運転の電気バスで、最大定員12名、最高速度40km/hの性能を備える。サイズは全長約3.9m、全幅約2mと普通乗用車程度のコンパクトさ。

 デモ走行では金沢動物園内の動物展示エリア前にある道で、片道約180mのコースを往復5分程度で走行した。走行ルートの脇にはキリンやサイなどの展示エリアがあり、乗員はサファリパークのバスツアーのような体験ができるという趣向となった。

 DeNAが行ってきたこれまでのロボットシャトルの実証実験と同様に、安全性を重視した結果、一般向け試乗イベントでは安全柵などを設置し、走行速度も5km/h程度とこれまでの実証実験よりも遅くしたという。また、実験場所となった金沢動物園自体は高低差がある土地にあるが、やはり安全性を重視し平坦なルートを選んでいる。

 ハード面は2016年8月に千葉県千葉市の幕張新都心で行ったものと同じ、フランスEasyMile社の「EZ10」だ。シャトルやシステムなどに変化がないのは、「一般の方に参加してもらうロボットシャトル実証実験は、あくまで自動運転バスの体験とその存在を知ってもらうのが目的」(DeNAの中島 宏 オートモーティブ事業部長)だから。これまでの実証実験で得られた結果はフィードバックしているが、新しい取り組みは自社内のテストで行っているという。

サイズは全長約3.9m、全幅約2mと普通乗用車程度。最高速度40km/hで今回の実験では5km/h程度で走った
[画像のクリックで拡大表示]