[画像のクリックで拡大表示]

 前回紹介した、バイヤーズグランプリ入賞商品以外でも、注目の食品は目白押しだ。日経トレンディ編集部が独自に選んだキーワードからブレイクしそうな商品をピックアップした。

キーワード1 時間差ファミリー

 子供がいる世帯では、共働きで親の帰宅が遅かったり、子供が部活や塾通いをする関係で、食事の時間がまちまちになりがち。そうした「家庭内個食化」への対応がブレイクのカギになる。そこから見えてくる18年上半期のキーワードが「時間差ファミリー」だ。

 課題は1人分の料理を手間をかけずにサッと作ること。そのお助け調味料の代表格がエバラ食品工業が2月に発売した1人分ポーションタイプの液体調味料「プチッとごはんズ」だ。炊くたびに少しずつ余り、冷凍庫にたまっていく「ストックご飯」に着目。そのご飯と卵を使い、プチッとごはんズをそのままかけて炒めればチャーハン、水を加えて煮込めば雑炊と、2通りの料理が僅か数分で完成する。

エバラ食品工業の液体調味料「プチッとごはんズ」。残りご飯と卵、この商品を使って、炒めればパラパラのチャーハン、煮込めばコクのある雑炊になる「二刀流」調味料に仕上げた
[画像のクリックで拡大表示]
チャーハンは米粒が艶やかで、パラッと仕上がり、深みのある味。雑炊は味はしっかり付いているがしつこくなく、朝食にも向きそう
[画像のクリックで拡大表示]

「従来、粉末状のチャーハンのもと、雑炊のもとはそれぞれ売られていたが、その2つの機能を持たせ、ムラなく混ざりやすい液体にした点が新しい」(エバラ食品工業)。味は博多風とんこつ、チキントマト、ユッケジャンの3種類があり、ストックご飯調理のレパートリーが広がる点も好都合だ。

 一方、煮込まずに炒める「超時短カレー」を提案するのが、2月発売のエスビー食品のペースト状のカレー調味料「炒チャーカレー」。推奨具材は豚肉とキャベツで、炒チャーカレーを加えて数分炒めるだけで、1人分のカレーができる。「カレーが食べたい」という急な個食リクエストに応えられるうえに、ワンプレートで済むため洗い物も減らせる。

1本で約7杯分のカレーが作れる。二重構造容器で中身が空気に触れ劣化するのを防ぐ
[画像のクリックで拡大表示]
カレーソースは少量だがご飯とよく絡み、豚肉、キャベツとの相性も良い。通常のカレーよりも重くなく、食べやすかった
[画像のクリックで拡大表示]

キーワード2 宅飲みひとリッチ

 最近は働き方改革で残業が減り、直帰して少しぜいたくなつまみで「宅飲み」する男性が増えている。ただ、味の素冷凍食品の調べでは、宅飲みはパートナーとではなく「一人で飲む」が46%にも上り、家庭内の一人飲みが主流。そんな「宅飲みひとリッチ」派に向け、同社が2月に発売したのが、「豚角煮」「ヤンニョムチキン」などのつまみシリーズ「夜九時のひとり呑み」だ。「一人飲みは寂しいわけでなく、むしろリラックスできる至福の時間。レンジで温めるだけで出来たてのようなつまみが味わえる冷凍食品だからこそ、その気持ちに寄り添える」(同社)。

「豚角煮」「ヤンニョムチキン」など6種の冷凍つまみシリーズ。グルメ雑誌「dancyu」とコラボし、従来になく酒との相性が良いつまみを、冷凍食品ならではの出来たて感を追求して作った
[画像のクリックで拡大表示]
写真左から、アサヒ グランマイルド (アサヒビール)、 頂(サントリービール)、のどごしSTRONG(キリンビール)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビールはアルコール度数の高い製品が続々登場している。キリンビールはアルコール度数7%の「のどごしSTRONG」を1月に、先行するサントリービールは「頂」の度数を7%から8%にアップさせ2月に発売。アサヒビールも4月発売の度数7%のビール「アサヒ グランマイルド」で、宅飲み派の取り込みを図る。