フェスでもビジネスでも違和感のないレインコート

ワルツ イン ザ レイン「ガーマント」

 ワルツ イン ザ レイン(waltz in the rain)は、「弁当を忘れても傘を忘れるな」という格言があるほど雨の多い福井県で作られる、雨の日を楽しく快適に過ごすための、機能性とデザイン性を兼ね備えたレインブランド。

ワルツ イン ザ レイン「ガーマント」(希望小売価格3万円)
[画像のクリックで拡大表示]

 同ブランドのレインウエア「ガーマント(Ga-Mant)」は蒸れにくいうえに撥水性と防水性を備えており、キャンプやフェス、登山などのアウトドアはもちろん、通勤などのタウンユースにも使える実用性とファッション性を兼ね備えている。ガーマントとは、衣類という意味の「GARMENT(ガーメント)」と、防寒や雨対策としての「MANT(マント)」を合わせた造語で、イギリス紳士や映画のヒーローが羽織るマントにインスパイアされた、スタイリッシュなデザインが特徴。

カラーはブラックのみで、サイズはS、M、Lの3種類
[画像のクリックで拡大表示]

 耐久撥水加工されたポリエステル素材の表地は凹凸が少なく、雨などが流れるように落ちるので軽く払うだけで雨が残らない。さらに、高い防水透湿性を持つ裏地が汗や湿気を外に放出する。そのほかにも、ファスナーや縫製が防水仕様になっていたり、右肩部分のロゴがリフレクターになっていたりするなど、アウトドアフィールドでしっかりと活躍する機能を持ちながら、スーツの上に羽織っても違和感なく着用できるので、かなり使い勝手がいいだろう。

携帯に便利なスタッフバッグも付いている
[画像のクリックで拡大表示]

(文/安東 渉、中澤範龍)